ANAスーパーフライヤーズカードが届く。でも1日遅れで手帳もらえず

   

ANA737-800羽田発鹿児島行き機内から見た富士山

SFC年会費の追加徴収がないのを知って急いで申し込んだけど間に合わず

ANAマイル修行の集大成であるスーパーフライヤーズカードを遂にゲットしました。
カード取得までの流れは以下のとおり。

 7月18日  ANAホームページでSFC入会申込書を請求
 7月24日  郵送でSFC入会申込書が届く
 7月25日  翌朝、入会申込書を投函
 8月1日   ANAホームページに変化(発行手続き終了?)
 8月2日   SFCカード到着

前に書いた通り、7月末に申し込み締め切りのスーパーフライヤーズ会員限定手帳とカレンダーが欲しくて、慌てて手続きを行ったのですが結局間に合いませんでした。

ANAスーパーフライヤーズカード会員特典手帳とカレンダー

SFC会員限定手帳とカレンダー

8月1日にANAの「送付物の設定・変更」のページをチェックしたら、それまでなかった「2019年版 ANAスーパーフライヤーズカード会員限定手帳」や「2019年版 ANAスーパーフライヤーズカード会員カレンダー」の項目が登場。

しかし、その下には赤字で「7月31日で締め切りました」の文字。

残念、、あと1日早ければ…

ついに手に入れたSFC

カレンダーはちょっと悔しいですが、それはともかくとして、これでSFC修行の最終目的であるスーパーフライヤーズカードを手に入れました。

白抜きの「SUPER FRYERS」の文字とスターアライアンス・ゴールドのマーク。楽しかった修行を思い出しちょっと感慨深いです。

スーパーフライヤーズカード、Master/ゴールド

SFC Masterゴールドが届いた

ちなみに、カード番号やCVV、有効期限は一切変更ありませんでした。以前のワイドゴールドカードの名前が変わっただけ。これだと電話で確認したとおり年会費の追加徴収はなさそうですね。あと、どうでもいいですが、マスターカードのマークが知らない間にかっこ悪くなってました。

機内で使ってみたい

ところで話は変わりますが、ANAで機内販売を利用したとき、ANAワイドゴールドで決済しようとするとCAのお姉さんは決まって「いつもありがとうございます」と仰られます。

スーパーフライヤーズカードこそ「いつも」にふさわしいと思いますが、このカードを使うとなんて言われるのでしょうか。

遊びでしか飛行機に乗ってない私なんぞは、ただの飛行機マニアだと思われて「いつもいつも…」と呆れられしまうかもしれません。

関連コンテンツ

 - SFC修行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事