台風で石垣行きが欠航、ANAクアラルンプール発券の途中行程をキャンセル

   

ANAヒューストン発成田行きプレミアムエコノミーからの風景

KUL発券の一部が欠航。振替えは?手数料は?ダイヤモンドデスクのお姉さんに色々教えてもらった話

久しぶりにブログ書いてみる。

急に書く気になったのは、3連休なのに何の予定もなく暇を持て余しているから。本当なら石垣島でダイビングしてるはずが、台風17号で飛行機がキャンセルになってしまった。

キャンピングカーかバイクでどこかに出かけれようかと思ったけど、台風と秋雨前線のせいでどこもかしこも雨マーク。連休に家にいるなんて滅多にないことだけど、大人しくしている。

自分の予約はこんな感じKUL-TYO-ISG-TYO-KUL

さて、残念ながらキャンセルになってしまった石垣行きのチケット。実は、修行僧御用達のクアラルンプール発券ってやつ。

こんな感じで押さえていた。

6月10日 KUL→NRT NH816 プレミアムエコノミー(E)

9月21日 HND→ISG NH089 エコノミー(Y)

9月23日 ISG→HND NH091 エコノミー(Y)

10月4日 HND→KUL NH885 プレミアムエコノミー(E)

ちなみに運賃は合計110,280円

欠航決定前に1回目の問い合わせ

石垣出発の前日、20日午後には那覇便のいくつかで欠航が決まる。石垣便はまだ運行予定だったけど、ほぼ間違いなくキャンセルになるだろうと判断。ANAダイヤモンドデスクに電話してみた。

日程を1日ずらして22日発に変更できないか

まず確認したのは、往路復路それぞれ1日遅らせられないかということ。無理すれば24(火)も休めそうだったので、1日ずらして台風をやり過ごす作戦。

しかし、こちらは22日の往路が満席で変更できず。

変更はいつまで可能か(HND-KULの日程より後にずらせるか)手数料は?

次に聞いたのが、もっと先への日程変更。

10/4のHND-KULより後には変更できないだろうとは思ってたけど、やっぱりそれは不可だった。石垣を10/4以降に持っていくのであればHND-KUL便も後ろにずらす必要がある。これは当たり前か。

なお、変更(振替)が可能な期間は2週間とのこと。普通、悪天候によるキャンセルの場合は30日以内であれば振替可能だと思ったけど、国際航空券の国内区間は扱いが違うのか。ちょっと納得いかなかったけど時間がなかったのでそれ以上突っ込まなかった。

手数料については、欠航する便の変更手数料は当然無料だけど、それ以外の便の変更手数料は必要とのこと。つまり9/21のHND-ISGは無料で変更できるが、9/23のISG-HNDの変更は手数料(たぶん200リンギット、5200円ぐらい)がかかる。

国内線の単純往復だと、往路復路ともセットで手数料なしで替えてくれた気がするが、ルール上は欠航便以外は要手数料みたい。

キャンセル料は

最後にキャンセルについて確認。これも日程変更と同じで、欠航の恐れのある便のキャンセルは手数料不要だが、9/23のISG-HNDはキャンセル料(たぶん300リンギット、7800円ぐらい)がかかる。

ダイヤモンドデスクのお姉さんの概算だと石垣往復をキャンセルして帰ってくるのは、手数料等を相殺して19,000円ほどとのこと。

飛行機のエンジン

結局、欠航決定後に石垣往復をキャンセル

最初にダイヤモンドデスクに問い合わせたときは、まだ正式に欠航が決まったわけではなかったので、ちょっと考えることにして電話を切った。

その後、夕方には欠航のアナウンス。旅程最後のHND-KULは乗る必要があるので、9/22への日程変更ができない以上、石垣行きは往復ともにキャンセルすることにした。

ダイヤモンドデスクのお姉さまにその旨伝えると、「少々お待ちください」と言われて5分以上待たされる。

電話口に戻ったお姉さん「それではキャンセルの手続きを承りました。ただし、払い戻し額が現時点では算出できないので、クアラルンプールへのご旅行が終わった後で、再度ご確認いただけないでしょうか」

往復とも欠航扱い。ただし払い戻し額は不明

あれ、キャンセル手数料の話が出ないなと思い確認すると、「本来であればISG-HNDの区間はキャンセル手数料をいただくルールでございますが、今回は台風による欠航のため搭乗できないということで特別に復路便も手数料なしで処理させていただきます」とのこと。

ごねたわけでもないのにご配慮いただき感謝。まことにありがとうございます。

旅程が終了しないと払い戻し額が確定しないというのは疑問ではあるが「よく引き継いでおきます」ということなので、クアラルンプールから帰ったらまたダイヤモンドデスクに電話してみよう。

これで、台風による欠航に伴う手続きは終了。
国内線の単純往復だったら悩むことは少ない。でも、クアラルンプール発券のチケットのキャンセルは初めてだったので分からないことが多々あり勉強になった。

なお、当然だけどKUL発券なので国内線区間も手続きはダイヤモンドデスクの国際線担当じゃないとできない。国内線は欠航騒ぎで混んでいたかもしれないが、国際線は待つこともなく繋がった。

おまけ。修行等への影響

おまけ。石垣往復がキャンセルになってしまったので、今年のダイヤモンド修行計画がピンチ。

ちょうどソウル発券の最後の区間GMP-HNDの予約を10月末に持っているので、その続き、

GMP-HND(D:ビジネス)/HND-ISG(Y)/ISG-HND(Y)/HND-GMP(D) 100,920円

を予約した。韓国に行きたいわけではないけど、致し方なし。

ANA秋の6000コインキャンペーンのバナー

出典:ANA

さらにおまけ。石垣往復できていれば、ANAのMYキャンペーン「秋の6,000コインプレゼント!」が達成できるはずだったが、流れてしまった。残念。

関連コンテンツ

 - 旅の記憶, 旅のヒント, SFC修行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事