クアラルンプール発券ANAプレエコで年末年始アメリカ!前後の連休を活用してお得に海外

      2018/08/12

TAPポルトガルATR72,リスボン空港

TAPポルトガル(White Airways)のATR、リスボンにて

お得な航空券で正月6連休はテキサス旅行

うちの奥様は金融関係なので12月30日も出勤。年末年始に長い休みがとりづらい環境にあります。

しかし、2018-19の年末年始は6連休OK。1月4日(金)が休めれば9連休と我が家にとっては久々の当たり年です。

そんな貴重な連休にどこいこう。普段ならハイシーズンで高い飛行機は避けてキャンピングカーでお出かけが定番。ですが、せっかく休みが6日もあるのだから、寒い日本ではなくできれば海外に行きたい…

いろいろ悩んで出した結論はアメリカ、テキサス。ANAのヒューストン便を予約しました。

なぜヒューストン? SFC修業でお得な航空券を見つけたから

テキサスには元々興味はありましたが、今回ヒューストンに行くことにした最大の要因は、実は今年5月に解脱したSFC修行にあります。

SFC修行の過程で様々な「先人の知恵」に触れ、安く効率的に飛行機に乗る方法を勉強することができました。そうした知恵の一つに「クアラルンプール発券のプレミアム・エコノミーがお得」というのがあります。

クアラルンプール発券が安い

これは、クアラルンプール発ニューヨーク往復といったクアラルンプールを起点にすると、日本発より大幅に安く航空券が発券できるというもの。ANAがマレーシア在住者向けに提供している安価な航空券を利用するわけです。

例えば、

クアラルンプール → 東京 → ニューヨーク → 東京 → クアラルンプール

という旅程で航空券を発券すると、東京からニューヨークを単純往復するより安くニューヨークへ行けちゃいます。

また、往復とも東京でストップオーバー(途中降機)ができるので、
 1.クアラルンプール-東京
 2.東京―ニューヨーク
 3.東京―クアラルンプール 
の3つの旅行に分けることが可能です。

つまり、この航空券とは別に東京―クアラルンプールの往復チケットを用意すれば、ニューヨーク旅行に加え、マレーシア旅行が2回楽しめるわけです。それも格安で。

プレミアムエコノミーがおすすめ

SFC修行でメジャーなのは、プレミアムエコノミー利用でのクアラルンプール発券。プレミアムエコノミーだとマイルもプレミアムポイント(PP)も100%獲得でき、もっともお得にPPを貯めることができます。また、アップグレード対象なのでアップグレードポイントやマイルに余裕があれば、ビジネスクラスを狙うことも可能です。

ANAプレエコFlex plus

プレエコ、Flex plus 料金の違い

ちなみにプレエコでクアラルンプール発券では、なぜか上から2番目に自由度の高い「Flex Plus」がもっとも安くなります。このため、予約変更は手数料なし、払い戻しも手数料がかかりますが可能。急な予定変更があっても安心です。

修業に最適なKUL発券プレエコルート。でも、我が家は使わず

クアラルンプール発券プレエコ修行は上記のとおりメリットが多く、何よりPP単価がすぐれているので多くのSFC修行僧に利用されているわけですね。

クアラルンプール発券には興味がありましたが、我が家のSFC修行は国内のみでした。土日・祭日しか使えない中で、前後のクアラルンプール旅行の処理が難しかったからです。妻と一緒の修行のためKULでトンボ返りというのは許してもらえません。

SFC解脱はしたけど、KUL発券ルートに挑戦したくなる

前後の連休をうまく使ってマレーシア・アメリカ、ダブル旅行

今般、年末年始のプランを練るためカレンダーを眺めていて、ふとあることに気づきました。

それは、お正月を間に挟んで並んでいる連休。天皇誕生日と成人の日の2つの連休の存在です。

「この二つの3連休をクアラルンプール旅行に充て、年末年始にはアメリカに行けるじゃん。連休と年末年始をうまく組み合わせれば、有給休暇とらなくても効率的にKUL発券旅ができるじゃん」

そう思いついて、急いで確保したのが、以下のクアラルンプール発券の旅程です。

ANAプレミアムエコノミー、クアラルンプール発券ヒューストン旅程表

旅程:KUL-TYO-IAH-TYO-KUL

年末年始でもお買い得

運賃は7,000マレーシアリンギット。日本円で230,490円です。

年末年始に西海岸以遠のアメリカへ飛ぶ金額としては相当安いのではないでしょうか。さらに、これに加えて連休のクアラルンプール往復がついてるわけですので超お得といえますね。

ANA,KUL-TYO-IAH-TYO-KUL運賃

全体の運賃は7,000リンギット

ちなみに、東京―ヒューストンを同時期に直行便で往復すると40万円以上します。同じ便のプレエコがすでに満席で直接比較はできませんが、現時点で同一日程・目的地で検索して出てくる最安のプレエコはLAXでUAのエコノミーに乗り換えるルートで395,500円です。

ANAプレエコ、ヒューストン

同じ便でエコノミー利用だと228,870円ですから、エコノミー料金でプレエコに乗れて、クアラルンプールがおまけについてくるみたいな感じでしょうかね。

東京ーヒューストン、エコノミー

マイルやプレミアムポイントを大量ゲット

なお、上記エコノミー料金は予約クラスSのためマイルやPPは50%しかもらえません。しかし、プレエコ・クアラルンプール発券なら100%、搭乗ポイントもつきます。

これで獲得できるプレミアムポイントは、12,465PP。PP単価は9.24とハイシーズンにしてはいい数字です。もちろん、ハイシーズンを外せばもっともっと安いチケットが出てきます。

個人的な趣味で今回はヒューストンに行きますが、ニューヨークやワシントン、シカゴなども同じような値段。KUL発券のアメリカ東海岸行きは効率よくPPを大量獲得できるのでSFC修行におすすめです。

ちなみに、今回の旅程では、機材の関係か最後の東京→クアラルンプールがエコノミーになってしまいました。でも、予約クラスはBですので、マイルやPPはプレエコと変わりません。また、シートも非常口座席が押さえられたので良しとしています。

おまけ クアラルンプールまでの航空券は?

最後に、旅の始まりの東京→クアラルンプールと終わりのクアラルンプール→東京の航空券をどうするかについてです。

今回は、過去に溜めていたユナイテッドとデルタのマイルをそれぞれ使い確保しました。

往路はあやしい中国東方航空のビジネスクラス。復路はタイ航空のビジネスクラスをそれぞれ予約済みです。

関連コンテンツ

 - 旅の記憶, 旅のヒント, SFC修行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事