修行開始!ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を取るぞ

   

ANA_B747-400とRACの那覇空港

ある日の那覇空港(RACアイランダーとジャンボ)

2018年SFC修行の全容公開(第1弾)

ちょうど1年前になりますが、この記事で書いたとおり、ANAの上級会員サービスであるSFC(スーパーフライヤーズカード)資格の取得に挑戦すことにしました。いわゆるSFC修行というやつですね。

SFC取得の条件

SFCの資格を得るには、飛行機に搭乗するともらえるプレミアムポイント(以下、PP)を50,000PP貯めて、ANAマイレージクラブの「プラチナステータス」になる必要があります。

マイルと違ってPPは実際に飛行機に乗らないともらえません。提携クレジットカードの買い物ではダメなんです。また、PPの積算方法も独特で、スターアライアンスの他の航空会社よりANA便、同じANA便でも国内線やアジア便が有利なため、ANA国内線を中心に乗りまくってPPを稼ぐことになります。

さらに、PPの獲得は1年間(1月~12月)でに5万PPきっちり獲得しないと、翌年にはゼロからのスタートになってしまいます。

ANAマイレージ、プレミアムステイタスの図

ANAプレミアムステイタス 出典:ANA

明日からSFC修行僧になる

我が家は、昨年1月の段階でSFC取得を決めました。しかし、暦年内に達成しなければならないこと、少しでも安い航空券を確保したいことから、実際の修行のスタートは今年1月からとしました。

そして、1月分の旅割が発売となった昨年の8月末に航空券を確保。いよいよ1月13日(土)から修行の旅が始まります。

SFC修行の旅・前半戦スケジュール

昨年8月に確保したチケットは次の表のとおりです。

日付 便名 旅程 運賃種別 価格 獲得PP PP単価
1/13 463 羽田7:50→10:45那覇 P旅割28 26,290 2,860 9.19
1/13 478 那覇20:50→23:00羽田 P旅割28 24,990 2,860 8.74
1/20 1097 羽田17:15→20:10那覇 P旅割28 24,990 2,860 8.74
1/21 468 那覇14:25→16:40羽田 P旅割28 25,590 2,860 8.95
1/27 477 羽田15:40→18:30那覇 旅割75N 8,890 1,476 6.02
1/27 478 那覇20:50→23:00羽田 旅割75N 8,890 1,476 6.02
2/3 461 羽田6:10→9:10那覇 P旅割28 27,490 2,860 9.61
2/3 1694 那覇13:20→16:25札幌 P旅割28 38,850 3,892 9.98
2/4 4720 札幌12:20→14:00羽田 旅割75L 12,890 765 16.85
2/10 89 羽田6:10→9:35石垣 旅割75N 14,090 1,836 7.67
2/12 90 石垣12:45→15:20羽田 旅割75N 14,090 1,836 7.67
                                                     合計 227,050 25,581 8.88

 

プレミアムポイント単価は8.88円

上記表で「P旅割28」となっているのはプレミアクラスで、それ以外は普通席です。

この計画では、1月~2月で目標5万PPの半分、25,000PPを獲得できることになります。

費用は227,050円で、費用を獲得予定PPで割った1PP単価は8.88円となりました。

本当はプレミアクラスにしたかったけど出遅れた

ちなみに、SFC修行でもっとも良く使われるルートは、羽田-那覇プレミアムクラス。これだと片道2,860PPが獲得できます。

一方でPP単価だけをみれば、1/27に予約したANA477便(羽田-那覇)の旅割75Nの方が6.02円と安いです。これだと1,476PPしか貯まらず何度も修行に出かけなくてはなりません。

anaのa321,搭乗タラップから撮影

A321

プレミア旅割を使えば、羽田-那覇間を17.5回飛べば50,000PPをクリア。沖縄に9回いけばOK。費用と手間(時間)を総合的に考えて、多くの人が国内線では羽田-那覇プレミアクラスで修行される訳ですね。

私も、本当はなるべくプレミア旅割を使いかったのですが、旅割予約開始日に少し出遅れてしまいプレミアが思ったように押さえられませんでした。噂には聞いていましたがすごい競争率。我が家と同じ修行僧がたくさんいるようです。

結果として普通席の利用が多くなりましたが、PP単価も目安とされる10円を下回っていますし、2月中旬までに目標の半分が獲得できる計算ですので、良しとしましょう。

国内最長路線に乗る。でも新千歳→羽田は特典旅行にすればよかった

なお、2/4の新千歳→羽田便がPP単価16.75円と10円を大きく上回っていますが、これは以前から乗りたかった国内最長路線の那覇→新千歳を利用した後、羽田に帰ってくるためのAIR DO便。この時期の羽田-新千歳は安いプレミアクラスがとれず、効率の悪いものとなりました。

わずか765PPしか獲得できないのであれば、この区間はユナイテッドのマイルで特典航空券を発券したほうが良かったかもしれません。

次の旅割予約レースがもうすぐスタート

近頃、ANAから3月25日~10月27日搭乗分の旅割について1月25日(木)から予約を開始するとのアナウンスがありました。

クレジットカード会員は1月23日(火)14:00から先行予約開始ですので、今度は出遅れることなくチケットをゲットしたいです。

GWの石垣、宮古便を押さえられれば楽しい修行になるのですが、はたして首尾はいかに。

関連コンテンツ

 - 旅の記憶, 旅のヒント, SFC修行

Comment

  1. レオじじい より:

    業務での航空機利用でなくプライベートだけで権利を獲得するには大変な努力が必要ですね。私のJALグローバルは15年ほど前、毎年3~4回渡米と東南アジア出張などでまだフライマイルは5万マイルには届かないと思っていましたが突然入会案内が来たときは驚きました。当時の上司は5万マイル到達に少し不足するといって九州往復をしていました。この資格はカードを保持して年会費を払っていれば永久に会員資格で待遇されるのは良いですね。
    最近のJALは何か未達でも簡単に資格が取れると聞きましたが、ANAは厳しいでしょうか?
    頑張ってください。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい 様

      クレジットカードも含め、この手のお得意様囲い込み系のものは、巷で言われているラインに関係なく社会的なポストなどの属性でインビテーションが送られてくるみたいですね。

      私の知り合いでも思いがけずJGCを獲得された人がいます。

      ANAは敷居が低くて挑戦している人が多いせいかもしれませんが、あまりそういった話は聞きません。

      SFCのメリットがコスパに見合うものなのか微妙なところもありますが、飛行機に乗るのが半ば趣味ですので、修行を楽しんでいきたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事