ターキッシュエアラインズ夜便でイスタンブール トルコの夏休み1

      2017/01/05

ターキッシュエアラインズ A330-200

ターキッシュエアラインズ A330-200

2014年トルコ旅行no.1  成田空港~イスタンブール

今年の夏休みはトルコ共和国に行ってきました。
成田を7月11日(金)夜に発ち7月21日(月)夕方に戻る11日間の日程です。

トルコ?いいえターキッシュ

今回利用した航空会社は、ターキッシュエアライン(TK)。ターッキシュエアラインはトルコのフラッグキャリアで、スターアライアンスに加盟しています。ハブはイスタンブールですがヨーロッパ便はもちろん日本便も充実していますので使い勝手のよさそうな航空会社。成田には毎日2便も飛ばしています。

少し前まではトルコ航空と言われていて自分もその方がしっくりするのですが、2014年2月に日本での名称をターキッシュエアラインズに変更したようです。

ターキッシュエアライン機内で配られるトルコ銘菓ロクム美味しい

離陸後トルコ銘菓ロクムが配られます 美味

スポンサーリンク

成田から仕事帰りにトルコ ターキッシュ夜便

今回の旅では、往復ともにTKの夜便を利用しました。イスタンブール直行便のため航空券の価格はちょっと高いですが、ターキッシュの夜便を利用すると、金曜日の仕事帰りに日本を出発でき、現地出発も深夜ですのでトルコ滞在時間が最も長く、限られた有給休暇を最大限に活用することができるのが魅力。

もっと安い航空券はたくさんありますが、国土が広く見所がたくさんあるトルコ。奮発して直行夜便にしました。

往路の行程は、成田22:30発TK053便でイスタンブールに翌日5:00着。イスタンブールで6:55発、8:15着のカイセリ行き国内線に乗り換えるというプラン。カイセリはカッパドキアの玄関口となる街です。

ちなみにチケットは正規割引運賃をJTBトルノスで押えました。もちろんエコノミー。いろいろ比べましたがこの時は手数料分程度JTBが安かったです。

機内でサーブされたトルコ産ワイン アンシラ

機内でサーブされたトルコ産ワイン アンシラ

30分繰り上げ出発

出発当日、仕事をちょっと早めに切り上げて成田空港へ直行。空港についてみると噂どおり出発時間が22:30から22:00に30分繰り上がっていました。成田空港では22:30発が出発便の最終で、ターキッシュ以外にもカタール航空のドーハ行きなどがありますが、往々にしてというか何事もなければ出発時間が繰り上がるみたいです。

チェックインカウンターでは、事前オンラインチェックインをしているにも関わらず(中東やアジア便で良くある理由で)随分待たされました。その後のパスポートコントロール等は成田最終便のためかは空いておりスムーズに搭乗。
予定通り22:00前にはドアがクローズ、が、しかしなかなか動きません。結局、テイクオフは22:30を大きく過ぎてました。

シートピッチが狭いッ!

TK053便の使用機材はエアバスA330-200。搭乗して驚いたのがシートピッチ。はっきりいって狭いです。

ターキッシュの利用は初めてでしたので事前にウェブで評判を調べましたが、そんな話は見かけませんでした。
しかし、乗ってみたら短距離LCCじゃないかというレベルで国際線それも10時間以上の長距離路線では非常につらい狭さです。

エコノミーとはいえ20万以上も支払ってちょっと損した気分。カタールとかエミレーツ使えばよかったかななんて思ってみたり。

なお、シートピッチに関してはちょっと補足があります。復路も同じA330-200だったのですが、帰りの便のシートピッチはごく普通。極端に狭くはありませんでした。ちなみにイスタンブールで乗り継いだカイセリ行きのA320-200よりも往路のエアバスは狭かったです。

運が悪かった?

ターキッシュのサイトを見るとA330-200は定員ベースで3タイプあるようです。この日たまたまFlightAwareでイスタンブールから飛んでくる便をチェックしたところ出発が2時間近く遅れてのフライトでした。もしかしたら何かトラブルがあってこの日は国内線仕様の機体が飛んできたのかもしれません。あるいは単にその時々で機体のタイプが変わる運不運の問題なのかもしれませんが。

ターキッシュエアラインTK53便の機内食(チキン)

ターキッシュエアラインの機内食(チキン)

ターキッシュエアラインTK53の機内食 魚。和食

TK53便の機内食(魚・和風)

機内サービスは問題なし

機内サービスについてはシートピッチ以外は不満ありません。トルコはイスラム国ですが、お酒は問題なく飲めます。もちろん無料。ウイスキーをお願いしたらミニボトルでなくカップになみなみと注いでくれました。
食事はきちんとチキンorフィッシュを選べました。エコノミーとしては前の方(11J,K)の席だったので当然ですが。

ターキッシュエアラインA330-200のエコノミーシートモニタ

往路A330-200のモニタ

味は特段美味しくはありませんでした。ごく普通。個人的な意見ですが機内食は成田発よりイスタンブール発の方がおいしかったように感じました。

また、各座席にモニターがありオンデマンドで楽しめます。日本語対応のコンテンツは少なめです。USB端子はついていて充電可能です。

関連コンテンツ

 - 海外旅行記, 旅の記憶

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事