キャンピングカーでしまなみ海道サイクリング!(ルート・行程編)

   

サイクリングロードで撮影した因島大橋

因島大橋

キャンピングカーを活用し、2日間でしまなみサイクリングを満喫

5月の連休には、キャンピングカーに自転車を載せて「しまなみ海道」をサイクリングしてきました。

キャンピングカーの機動力を活用することで、不摂生の中年オヤジでも無事、しまなみ海道を走破できました。どんな感じだったかまとめてみます。

尾道か今治か?スタートするならどっち

今回走った、しまなみ海道サイクリングコースは、尾道駅から今治駅までのおよそ76km。

尾道、今治どちらからスタートしてもOKですが、今回は妻の仕事の都合で、サイクリング当日に広島空港で落ち合うことになり、尾道スタートとしました。

楽チンなのは今治スタート

ちなみに、この時期は今治スタートの方が初心者向きといわれています。

その理由は2つ。ひとつ目はコース最大の難関である上り坂が今治側にあるため。今治スタートだと余力があるうちに、来島海峡大橋と宮窪峠という2つの上り坂をクリアすることができます。

ふたつ目は、風向きです。サイクリング好適期の強風は南西から吹くことが多く、尾道スタートは逆風になる可能性が高いようです。

まあ、そうはいっても夫婦そろって最も早くしまなみ海道入りできる方法が広島空港でしたので、しかたありません。

しまなみ海道サイクリングコースの高低差

しまなみ海道サイクリングコースの高低差 出典:しまなみゲストハウス シクロの家

コースを2分割し、2日間かけて走破

全行程の76kmは、サイクリングにある程度取り組んでいる人なら1日あれば余裕で走り切れる距離。しかし、キャンピングカーで寝泊りとなると、自転車で152km往復するか、クルマを取りに帰る必要が生じます。

健脚だったら1日で往復も可能でしょうが、怠惰なアル中オヤジには絶対に無理。

さらに、当日広島空港集合でスタートが遅くなることもあり、今回は行程を2つに分け、2日間で走り切りことにしました。

自転車を持ち込めるバスを利用

行程を2つに分けるために利用したのは、「しまなみサイクルエクスプレス」というバス。

このバスは事前に予約すれば自転車を車内に載せてくれるというご当地らしい便利なサービスを提供しています。そして、なんと自転車の積載は無料です。

というわけで、初日は尾道から生口島の瀬戸田バスストップまで走り、そこからしまなみサイクルエクスプレスに乗って尾道まで戻ることにしました。

2日目は瀬戸田バスストップまでキャンピングカーで行き、サイクリング開始。今治でゴールしたら、またバスに乗って瀬戸田バスストップに戻ってくるという行程です。

向島の駐車場にキャンピングカーを停め、サイクリング開始

向島からサイクリング開始

尾道の隣、向島にキャンピングカーを駐車

尾道スタートで問題なのがキャンピングカーの駐車場です。

サイクリングコースは尾道駅を出発して目の前の向島へと続きます。
しかし、向島へと渡る西瀬戸自動車道の新尾道大橋は自転車走行禁止。国道317号の尾道大橋も路肩が狭く自転車走行に適していません。

このため、自転車は駅前の桟橋から渡し船で向島へ渡るのが一般的。ガイドブックには「駅前港湾駐車場にクルマを停めて渡し船に乗りましょう」と書いてあります。

でも、駅前港湾駐車場は立体。キャンピングカー(キャブコン)は無理、駐車できません。

事前にざっと調べましたが、海からすぐ山という尾道の地形的な制約もあり、確実に停められそうなパーキングの目処がたちません。

そこで思いだしたのが、向島にあるポケットパーキング。

以前、キャンピングカーで尾道周辺を旅したときに車中泊候補地として見つけたところで、尾道大橋を渡ってすぐのところにある小さな駐車場です。

尾道大橋を渡ってすぐの小さな駐車場の位置図。googleマップ

国道317号沿いの小さな駐車場、位置図

駅周辺は混雑、向島へ。車中泊も可能かも

実際に尾道駅に到着すると、大型連休ということもあり、キャンカーが停められそうな駐車場はどこも満杯。探す時間がもったいないので向島の駐車場を利用させてもらうことにします。

向島国道317号沿いの駐車場の画像

駐車場は橋を渡ってすぐ。キャンピングカーが停車していた

この駐車場には15台程度の駐車スペースのほかトイレ・自販機もあります。

国道端で騒がしそうな上に、狭く一部傾斜していてあまりオススメできませんが、良い場所が少なそうな尾道では車中泊の候補地になるかもしれません。現に、到着した際にはバンコンが1台駐車していました。

いざ!サイクリングに出発。生口島を目指す

山陽道の事故渋滞、それを避けて下道に行ったら2号三原バイパスの渋滞に巻き込まれ、向島の駐車場に到着したのは午前10時過ぎ。

そそくさと準備を整え、11時頃にやっとサイクリングに出発です。

この日の最終目的地は生口島の瀬戸田バスストップ。尾道に戻るバスは14時43分に発車です。渋滞に巻き込まれたせいで余裕はありません。がんばってペダルを漕ぎました。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 自転車, 国内旅行記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事