富良野ラベンダー開花状況2016

   

富良野ファーム富田のラベンダー濃紫3号

早咲きの濃紫。富良野2016.7.1ファーム富田

富良野のラベンダー畑はこれからが見頃

7月1日(金)、7月2日(土)の二日間、富良野近辺を散策してきました。

この季節に富良野を訪れるのは久しぶり。ピークはこれからですが、ちょうどラベンダーが咲き始める時期です。

というわけで、朝イチでファーム富田に行って来ました。

7月2日現在の開花状況は画像のとおりです。

スポンサーリンク

早咲き種はしっかりラベンダー色に

早咲き品種の「濃紫3号」は蕾がしっかり色づき、美しいラベンダー色の絨毯が出来上がりつつあります。

「濃紫3号」は蕾の段階から濃い紫色になるのが特徴で、7月1日の段階でも見ごたえがありました。これから本格的に開花すると、さらに一層綺麗になるものと思われます。

ファーム富田のラベンダー畑、早咲き種濃紫3号の画像

ファーム富田のラベンダー畑

今年の見頃は少し遅め?

一方で、最も作付けが多いといわれる「おかむらさき」は蕾の大きさも色づきもまだまだです。

現地で小耳に挟んだところでは今年は開花が少し遅いようです。かんのファームや日の出公園はちょっとがっかりするような状況でした。

本来、「おかむらさき」は7月中旬が見頃といわれていますが、今年は多少後ずれするかもしれません。

このままだと、7月16日(土)に開催される中富良野町の「ラベンダー祭」の際には、最盛期を少し過ぎた「濃紫3号」と咲き始めた「おかむらさき」の両方を同時に楽しめるものと思われます。

また、現在の雰囲気だと、今年は8月に入ってもラベンダーの絨毯を満喫できそうです。

以上、素人の勝手な見立てですが、今後の北海道旅行のプランニングの参考にしてください。

北海道沼田萌えの丘のルピナスの花

北海道ルピナス群生

ルピナスも可憐でおすすめ

そうそう、ラベンダーとともにこの時期の北海道を代表する花、ルピナスも道内の様々な場所で元気に咲いていました。

個人的には、ラベンダーより畦道に咲く色とりどりのルピナスの方が好きだったりします。

関連コンテンツ

 - 国内旅行記, 旅のヒント

Comment

  1. レオじじい より:

    綺麗ですねー
    写真からラベンダーの香りが・・・

    • 気梨桂 より:

      レオじじい 様

      実際の見た目はラベンダー一色というよりはまだら模様といった感じで少し早すぎました。でも、それなりに楽しめました。良い香りもしていましたよ。

      これから満開の時期になると富良野周辺そこかしこが紫色に染まり美しいと思います。

  2. あぶ より:

    こんにちは。
    ラベンダーというと僕はときがわ町のラベンダー畑を思い出してしまいます。まだあるのかわかりませんが、大きなトトロもいました(^^♪

    • 気梨桂 より:

      あぶ 様

      都幾川もラベンダーが有名なんですね。知りませんでした。

      埼玉のこちら(東部)ほうでは、久喜市内旧菖蒲町にラベンダー園があります。行ったことはありませんが、シーズンの6月中旬には結構にぎわうようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事