刈谷ハイウェイオアシスがまた進化

   

刈谷PAに停車するキャンピングカー。デイブレイク

刈谷PAの食が更に充実!あのステーキハウスがオープン

GWに毎度おなじみの刈谷ハイウェイオアシスに寄ったら、刈谷がまた進化していました。

刈谷といえば、東京ディズニーランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ、全国第3位に入れ込み客数を誇る「テーマパーク」として全国的に知られるようになりましたね。

また、キャンパーにとっては、敷地内に日帰り温泉施設「かきつばた」があるため、ロングドライブの休憩地あるいは車中泊地として非常にメジャーなスポットです。

飲食スペースが昨年拡大し新しい店舗が参入

温泉に加え、最近は「食」も充実してきました。

個人的な感想ですが、数年前までは正直、食事の質は特筆すべきものはありませんでした。よくあるSAPAのフードコートの規模がでかい版です。

しかし、最近、飲食スペースの拡大が行われ、店舗数が増加。PAにしてはそれなりに凝った食事が楽しめるようになりました。

本格ピザ・パスタのサルバトーレクオモ

例えば、「プレスト・サルバトーレ・クオモ」では、本格薪窯ピザやパスタが楽しめます。

焼きたてのマルゲリータ(680円)はワインがすすむ美味しさ。もちろん飲めませんけど。

 サルヴァトーレ クオモのピザ、マルゲリータ、刈谷ハイウェイオアシス

ピザで一番人気のマルゲリータはお買い得の690円

京野菜クレープがおすすめ、胡麻屋くれぇぷ堂

また、ゴマを使った生地が特徴で、ナチュラル指向のクレープ屋さん「胡麻屋くれぇぷ堂」もお洒落でなかなかの味です。

基本、甘い物は食べませんがチキンとかソーセージとかもあるので、スープとセットで小腹がすいたときにピッタリ。
私はここの京野菜クレープが好きでたまに買っちゃいます。

刈谷ハイウェイオアシスの胡麻屋くれぇぷ堂の京野菜クレープ

写りが悪くて恐縮ですが、京野菜のクレープとキノコとベーコンのスープ

そのほか数店舗が新規オープン

ほかにも、岡崎SAにも出店している名古屋コーチンの親子丼「鶏三和」や八丁味噌を使ったカツ丼屋さんなんかも昨年夏にオープンしました。

鶏三和の名古屋コーチン親子丼

名古屋コーチン親子丼。味は?まあまあかな

スポンサーリンク

いきなり!ステーキがパーキングエリアにオープン

このように、進化を続けている刈谷ハイウェイオアシスですが、ゴールデンウィークに行ったら、また新しいレストランがオープンしていました。

刈谷PA(上り)内に新しくできたのは、「いきなり!ステーキ」

本格的なステーキが立ち食いスタイルで格安に食べられると話題のあのステーキ屋さんがパーキングエリアに登場です。

刈谷パーキングエリアにオープンしたいきなり!ステーキ

刈谷PAにいきなりオープン、いきなりステーキ

刈谷PAのお店は立ち食いではなくカウンターテーブルとイスがありますが、それ以外は普通のお店と一緒。ランチ以外は量り売りで希望の量だけ肉をカットしてもらえます。

いきなり!大行列

営業時間は11:00~20:00でちょっと短め。

私がPAに到着したときはまだオープン前でしたが、かきつばたで入浴・マッサージをした後に覗いたら、なんと50分待ち。大繁盛です。

本当は寄っていきたかったのですが、長時間待ってまで食べる気にはなれず、今回はあきらめました。

刈谷で車中泊する際などはディナーでステーキというのも良いですね。残念なことに、ワインは飲めませんが…

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 食べ歩き, ライフログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事