自動車部品の全てが分かる便利なサイトPartsfan!カムロードもあるよ

   

自動車部品検索サイト、パーツファンpartsfanの画面

ジャンル・セクションごとに部品を網羅

クルマの全パーツ、部品の構成、価格まで分かって超便利

自動車をいじくっていると、各パーツの構成や解体・組み立て方法が分かるマニュアルがあればいいのにと思いますよね。

改造しないと気が済まないマニアであれば、ディーラーや共販にお願いしていわゆる「電子技術マニュアル」を入手をされていることでしょう。

このマニュアルがあればクルマのほとんどのことが分かって非常に便利なようです。

我が家もセカンドカーを入れ替えることになり納車待ちの状態。いままさにクルマのいじくりプランを色々妄想している状態で「電子技術マニュアル」が欲しくてしょうがありません。

しかし、このマニュアル、車種やディーラーによっては簡単に入手できなかったり、もし購入できたとしても定価で買うと1万円以上とたいへん高価。私も欲しいと思ってはいるものの、これまで一度も購入したことはありませんでした。

partsfan、パーツファンの部品図

カムロードのインパネの部品図

電子技術マニュアルがなくてもOK、無料で使えて最高

そんななか、ウェブを徘徊して見つけたのが partsfan という素晴らしいサイト。

クルマいじりが好きな方は既にご存じかもしれませんが、恥ずかしながら私はほんの1か月前にその存在を知り、いたく感動。

ネジやクリップに至るまで自動車を構成する部品は網羅されており、その部品番号も記載されています。

partsfanの型式リスト

ダイナ/トヨエース(KDY230-,TRY230-等)だけでもいくつもの型式があります

対象の車種も非常に多く、型式ごとに収録されています。外車はそれほど多くないようですが国産車の大半はデータ化されているようで、なんとカムロードもしっかりあります。

部品リストは、エンジンやボディ、電装なのジャンルごと、セクションごとにまとめられており、これを眺めているとセクションを構成する部品のすべてが把握できます。また、パーツの組み合わせ方も推測できるので、バラシたり組み直す際に大いに参考になりそうです。

もちろん、部品番号が分かりますので純正部品の取り寄せに便利。類似車種のパーツ流用などを検討する際も、これで研究すれば失敗が減らせるでしょう。

スポンサーリンク

partsfanの使い方

アカウント取得

partsfanのアカウント登録画面

アカウント登録画面

partfanの使い方は簡単。まずはメールアドレスとパスワード、ニックネームを用意してアカウントを作ってください。マイアカウントでログインしないと機能が制限されて全く役に立ちません。

型式等で検索

ログインしたらメーカーを選んで車両の型式を打ち込むなどして自分の探すデータを見つけます。車体番号で検索することもできるようです。

メーカー選択画面
パーツファンのメーカー選択画面partsfan

まずは探したいクルマのメーカーを選択

型式等検索画面
パーツファンの検索方法

型式検索でカムロードの型式番号を入れて検索

ちょっと重いですが探しやすくパーツの価格も分かって便利です

反応が鈍く表示まで時間がかかるのがたまにキズですが、日本語対応もしていますので、とても使いやすいと思います。

セクションごとにパーツを限定していくので、たとえばエアコンの吹き出し口はボディーなのかエレクトリックなのか悩んだりしますが、セクション分けはしっかり行われていますので、慣れればすぐに目的のパーツを見つけられるようになります。

ちなみにパーツのおおよその値段(欧米での価格?)も分かりますよ。

興味のある方は是非、活用してみてください。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 改造・快適化, Hobby

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事