上海からやってきた一酸化炭素警報器

      2017/01/05

一酸化炭素警報器amazonで購入

一酸化炭素警報器

冬はキャンプ、でも一酸化炭素に注意

関東平野でも木の葉が舞い出しました。冬が確実に近づいてきています。

寒くなってくると観光地も外遊びのフィールドも人出が減ってきます。でも、FFヒーターなどを備えたキャンピングカーなら寒さもへっちゃら。むしろこれからの季節は混雑もなく快適に過ごせてキャラバンには良い季節です。

暖かな車内で鍋をつついたりするのが楽しい冬のキャラバンですが、とても怖いことがひとつ。

それは、以前にも書いた一酸化炭素中毒

万が一のことを考え、我が家は一酸化炭素警報器を車内に取り付けています。

スポンサーリンク

警報器が壊れた

ところがこの警報器、安物だったせいかいつの間にか壊れてウンともスンともいいません。

以前つけていた一酸化炭素警報器

いままでの警報器(故障)

これでは冬を迎えるのに少々不安です。新しい警報器を購入することにしました。

買ったのはAmazonで送料無料1つ千円ちょっとの物。予備も含めて2個購入しました。

今回も懲りずに安物買いです。というか、この手の機器は中国産の安物かバカ高い物かの二択。事実上私には選択肢は一つしかありません。

チャイナ・クオリティ

発注してから気づきましたが、販売していたのは上海の企業。どうりでお届予定日に幅があるわけです。

注文してから10日程、忘れたころに商品が届きました。

上海から送られてきた一酸化炭素警報器、箱がつぶれている

箱の角がつぶれてます

ちょっと驚いたのは、海を渡ってきたとは思えない簡易な梱包。緩衝効果はほとんどないと思われる薄いプチプチが張られただけの封筒に商品を直接放り込んだ状態。

見事に2個とも箱がつぶれてます。配送も中国クオリティでした。

一酸化炭素警報器の取り付け

サードシートの上に設置

配送は残念でしたが、肝心の警報器は問題なさそう。
動作確認後、キヤンピングカーへ取りつけます。

ちなみに、英語の説明書によると壁や天丼の端(コーナー)から10cmは離せとのこと。以前の場所では天丼側のクリアランスが足りません。少し目立ちますがサードシートの上あたりの邪魔にならない場所に取り付けました。

固定は両面テープ。いつ壊れるか分からないので、ビスは打ちませんでした。

安物ですけどしっかり働いてくれることを期待しています。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 改造・快適化

Comment

  1. レオじじい より:

    この記事を読んで私も早速ポッチとしてしまいました。
    安いですねー、アマゾンでは国内発送と書いてありましたが。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい様

      この手の機器が千円ちょっとで買えるなんて本当に安いです。小さいですが液晶がついていてppmの表示までします。これで壊れず働いてくれたらいうことありません。

      国内発送であれば安心ですね。私はよく確認せず送料込み最安値のものをポチしたら上海発送でした。

  2. レオじじい より:

    国内発送と思ったのは勘違いのようで、中国の広州から送ってきました。同じようにプチプチの付いた封筒でしたが、幸いダメージはなく、
    動作も取説通り30秒ごとにグリーンLEDがフラッシュしているので正常かなと思っていますが。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい 様

      やはり大陸からでしたか。なにごともなく到着したようで何よりですね。

      到着したときは雑な梱包である意味びっくりしましたが、我が家も一応正常に動いているようなので安い買い物ができてよかったと思うようにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事