新車が2台納車されました

   

キャンピングカーデイブレイクで新たに購入したクロスバイク2台を自宅へ運搬。ジャイアントRX3,ジオス MISTRAL 

自宅に到着した新車2台

クロスバイクを夫婦で購入

自転車を2台購入し、昨日キャンピングカーのサイクルキャリアに載せて自宅まで帰ってきました。

釣り気味のタイトルでスミマセン。新車といっても納車されたのはただのチャリです。

しかし、個人的にはナニゲに気合が入っています。なぜなら、私の自転車に対する感覚では考えられない大金をはたいて購入した、初めてのクロスバイクですから。

妻の発言で物欲炎上

きっかけは、夫婦二人でボーッと旅番組を見ていた時の妻のひとこと。

「自転車でしまなみ海道を走ってみたい」

この瞬間に自分の中でガチャンとギアが入りました。

私が何か新しい物を欲しがろうものなら、「無駄、ダメ」「間抜けな禁治産者、○ね!」と罵られるのがオチ。でも、妻がやりたいというなら話は別です。

「しまなみ海道はたしか60kmぐらいあったからそれなりの自転車が必要」「サイクリングはジョギングより足腰への負担が少なくて健康づくりに良い」「ふたりともいい年なのでこれから始めるにはナイスな趣味かもしれない」etc…

一気に燃え上がった物欲に気づかれないよう、無関心な傍観者風に、あるいは赤ずきんを狙う狼がごとき慇懃さで自転車の素晴らしさをアピール。週末に自転車を見に行く約束を取り付けました。

スポンサーリンク

街乗り最強クロスバイクが欲しい

狙いはクロスバイク。

本格的な自転車趣味におけるエントリークラスといえるのがクロスバイクで、早く・長くを追及するロードバイクと悪路を疾走するマウンテンバイクのいいとこどり(クロス)をした、街乗りに最適といわれている自転車です。

調べてみたところ、車両価格5万円ほど出せば、ママチャリとは走りの次元が全く異なるクロスバイクが手に入るとのこと。
GAIANTというメーカーのESCAPE R3という車種がコスパ高く評判が良いなど、ネットで基礎調査を行ったうえで土曜日に自宅から30kmほどあるスポーツバイク専門店へ向かいました。

ちなみに、評価の高いジャイアントのR3は地元にある「サイクルスペースあさひ」にも置いてありました。しかし、あさひでまともなクロスバイクの選択肢はR3しかありません。

「はじめてのスポーツバイクはやっぱり専門店のほうが安心かな」という思いもあり、わざわざ高速を使い未知なる自転車プロショップへ足を踏み入れた次第です。

自転車選び 専門店は怖くない!?

寡黙で頑固そうな店主と、太ももパンパン服ピチピチ汗ダクダクの客とが支配する魑魅魍魎界。大げさですが、私の自転車プロショップへのイメージはそんなもの。おバカ中年夫婦が能天気な質問をしたら怒られんじゃないか少し心配していました。

しかし、私たちがいったショップには非常にソフトで親切でした。全くの初心者でクロスバイクを探していると告げると、懇切丁寧にクロスバイクとママチャリの違いやオススメの自転車などを説明してくれました。

実際に試乗もして、3時間は店員さんに付き合ってもらったでしょうか。納得の説明でクロスバイクの購入を決断。

GIANT ESCAPE RX3 2017(ジャイアント・エスケープRX3)

私が選んだのは、ジャイアントのESCAPE RX3というマシン。評価の高いR3をよりロード(スポーツ)寄りにしたもので、定価で5万円ポッキリのR3よりで1万2千円ほど高い物です。

ジャイアントのクロスバイク、エスケープRX3の画像。カラーはネオンレッド

GAIANT ESCAPE RX3 (ネオンレッド) 出典:GIANT

その分、フレームやパーツもそれなりにいい物を使っているようですが、なにより試乗した時の乗り出しのフィーリングが良かったのでこいつに決めました。

色はネオンレッドを選択。ちょっと派手ですがホワイトのアクセントが効いていて個人的にカッコイイと思ってます。

GIOS MISTRAL 2016(ジオス・ミストラル)

妻が選んだのは、店員さん一押しのジオス・ミストラルというイタリアのメーカーの自転車。私は知らなかったのですが、このミストラルはジャイアントR3と並んで評価の高いクロスバイク入門マシン。店員さん的には、R3よりジオスの方がオススメとのこと。

クロスバイク、ジオスミストラルの画像、カラーはジオス・ブルー

GIOS MISTRAL(ジオス・ブルー) 出典:JOB international,LTD

定価は5万4千円と安いもののパーツのほとんどはシマノ製。走りで差が出るホイールもこのクラスとしては非常に良い物を使っているということでした。

他の自転車も乗り比べましたが、妻はジオスが気に入ったようで、青地に白のジオスの文字が美しいジオスブルーをご購入です。

また、買ったのは2016年モデルのため、それなりに値引きもしてくれてラッキーでした。ちなみに、2017年モデルが最近出たらしいですがほぼへ変化はないようです。

リビングの自転車を肴に晩酌

クロスバイクの相場(まともなものは5万円から。10万円以上もザラ)は伝えていなかったので、値段を見て妻が文句を言うかもと気を揉みましたが、一切そんな様子はなくトントン拍子に購入が決定。妻もやる気のようです。

ふたりとも在庫品を選んだので翌日の日曜日に自転車を受け取ることができ、今は置き場所がないので、リビングの真ん中に2台を並べています。

昨晩は自転車を眺めらがらの晩酌。部屋の中でまじまじと眺めていると、安物とはいえなかなかの存在感を放っています。機能美とでもいうのか、自転車趣味の人の気持ちが少し理解できました。

今後、改造などにハマりそうな予感。

関連コンテンツ

 - 自転車, Hobby

Comment

  1. オジジ より:

    おぉ 奥様が興味を持てば稟議もすぐに降りますね
    車を置いてサイクリングも楽しいでしょうね

    • 気梨桂 より:

      オジジ 様

      クロスバイクに前から興味があったので、妻をその気にさせて一気に買ってしまいました。入門用とはいえ、我が家には高い買い物でしたが、乗ってみるとやはり違いを実感します。
      キャンピングカーに載せて、北海道などでサイクリングを楽しもうと思っています。妻も結構やる気です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事