犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

最後の発作から1か月経過

   

寝たきりウィペットのペッパー

本日のペッパー。下に敷いているトイレシートを齧ってしまう

1か月間発作なし

寝たきりウィペットのペッパーは元気にしている。

元気というのは憚れるが、調子が上ったり下がったりしながらもなんとか現状を維持している。

今日で前回のてんかん発作から1か月が経過した。9月7日以降は痙攣を起こすことなく過ごすことができ、とりあえず良かった。

たまに食欲が落ち心配したが、次の日か翌々日には回復し食べてくれた。ただ、食べるスピード確実に遅くなって食べきるまでに手がかかるようになった。

トイレシートをビリビリ

また、最近困っているのが、トイレシートの噛みちぎり。

ペッパーは腰回りが細すぎて小型犬用のオムツを使っている。ただ、ウィペットの体型の特徴として胸(肋骨)の部分はとても大きい。
広い肋骨の部分から腰部にかけて急に細くなるので、オムツがうまく合わず、漏れ出してしまうことがしょっちゅうある。

このため、オシッコが漏れてもいいように腰の部分にトイレシートを敷いている。これにより漏れた尿が体に付着するのを随分と防いでくれている。

ペッパーは右半身を上にして寝ているときに限り首の力を使い起き上がることができる。この体勢の時に腰の下に敷いているトイレシートを噛み、食いちぎるようになった。

ストレスなのか分からないが何度も何度も噛みちぎり、周りをクズだらけにしてしまう。

掃除の手間が増えるだけで大した害はないけれど、中に入っている吸水ポリマーを食べすぎるのは胃腸にあまりよくないと思う。

見かけた際は注意するが、一向に止めようとしない。ちょっと困っている。

関連コンテンツ

 - ペッパー(ウィペット)