犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

世界最小のデブ猫

   

ちょっと太り気味のシンガプーラのフィグ腹だし

食いすぎ? 文句ある?

今日、フィグの体重を計ってみたら、なんと驚きの3.8kg!

1か月ほど前に測定したときと比べて0.4kgも増えていた。

すでに2歳を過ぎているので、育ったというよりは肥えたということで間違いないね、フィグ。

シンガプーラは世界最小として知られる猫。近親交配が多かったのか昔は3kgに満たない猫も多かった。
今では3kgオーバーは普通みたいだけど、それでもマックス体重はオス猫で3.5kg~3.7kgといわれている。

万が一、4kgを超えてしまったら、もはや世界最小の猫なんかじゃない。それはシンガプーラに似た何か。

シンガプーラのフィグと老犬ダックスフントのジンジャーが並んで寝ている画像

体重5.5kgのちょっと太り気味ダックスとの比較。態度では負けてない

ちょっと体重が増えたからといってフィグの可愛さは何ら変わらないけど、太りすぎは健康管理上、ちょっと心配。

太ってしまったのはフィグが悪いのでなく、100%飼い主の責任である。

現状では急にダイエットをする必要はないと思うが、これからは食事に気を配ろう。
我が家はあまり間食はさせていないので、朝夕の食事が少し多すぎるのかもしれない。今日からほんの少しカリカリを減らしてみよう。

それと、人間が留守中は原則立ち入り禁止だった2階の開放を検討しよう。もっと運動してもらうために。

関連コンテンツ

 - フィグ(シンガプーラ)