犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

甘えの押し売りシンガプーラ

   

衣装ケースの上で寝るシンガプーラのフィグ

衣装ケースの上でうたた寝するフィグ

いなくなった犬のことばかり書いてるけど、我が家にはもう1匹、家族がいる。

ネコのフィグ。元気です。

もうすぐ3歳で現役バリバリ。室内を暴れ回っている。

最近、家の2階部分までもが彼の領土となり、もっかのお気に入りはウォーキング・クローゼットと化している和室。

箪笥やら押入れを飛び回り、疲れたら畳の上で大の字になって寝ている。

本当にずうずうしく、のびのびと寝ているので、気をつけないと踏んづけてしまいそうだ。

実際、ネコを踏んづけるとどんな声を出すのか興味はあるけど…

押入れの天袋で寝る猫シンガプーラのフィグ

いないと思ったら押入れの天袋で寝てた

ネコと一緒に暮らすのは、夫婦ともどもフィグが初めて。

実際に飼ってみたら、それまで猫に持っていた自分のイメージが間違っていたことを知った。

いちばん驚いたのは、ネコはとてつもなく甘ったれだということ。そして気が小さい。

ビビりの怖がりで、なにかあるとピューと逃げていくくせに、すぐに寄ってきてスリスリ、モミモミ甘えてくる。

その甘え方を一言でいうなら、「甘えの押し売り」といったところ。撫でろ撫でろ、かまってかまってと非常にしつこい。

うちのフィグを見る限り、「孤独なハンター」というそれまで猫に持っていたイメージはみじんも感じられない。

シンガプーラはこういうものなのか、うちのフィグだけが特に甘たれなのか。よく分からないけど、自制しつつ目で訴えかけてくる犬とは全然違う。

そうはいっても、やっぱりネコもかわいい。
寝ている最中にモミモミで起こされても、じっと耐えている。

関連コンテンツ

 - フィグ(シンガプーラ)