犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

人間不信

   

キャットタワ一の上から疑いの眼差しのシンガプーラのフィグ

キャットタワ一の上から疑いの眼差しを向けるフィグ

人間が二人そろって着がえたり外出の準備を始めると、シンガプーラのフィグはなぜか落ち着かなくなる。

うろうろしていたかと思うと、私が作ったキャットタワ一の最上段に飛びあがってしまう。

明確にこちらを意識し警戒している。

近づいていくと不安げな表情で睨み返してる。

シンガプーラのフィグがキャットタワ一の最上段にいる

キャットタワ一の上から降りてこない

実は、それぞれ1泊程度の短い期間だが、ここ1か月で2回ほどフィグを獣医にあずけた。

どうもその時のことが気に入らなかったと見える。

変な時間に人間がガサゴソ身じたくが始めると、また預けられてしまうのではと警戒しているようだ。

こちらから近づいていっても、不安そうな眼差しを向いるだけで人間を避けている気がする。

獣医はよく面倒を看てくれるし、前にあずげた時も何の問題はなかっなので安心していたが、今回はちょっと寂しかったようだ。

やっぱり猫は犬と違う。意外と淋しがりやで住み慣れた縄張りが大切らしい。

フイグを残してはあまり出かけられそうにない。

関連コンテンツ

 - フィグ(シンガプーラ)