犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

ジンジャーの納骨

      2016/08/13

ダックスフントのジンジャーを納骨。ウィペットのペッパーと一緒に骨壺を並べる

昨日、やっとジンジャーの納骨を済ませた。

納骨堂の狭い棚にジンジャーとペッパーの骨壺が仲良く並んだ。

 

あまり長く家に居てはお互い気持ちの整理がつかないと思い、ペッパーは四十九日に合わせて納骨した。

しかしジンジャーは、なにか踏ん切りがつかなくて、ずるずると家に置いてしまった。

 

8月6日がちょうど4か月の月命日だったので、重い腰を上げて翌7日にペッパーの待つペット霊園へ連れて行く。

 

納骨を終えジンジャーとペッパーが並んでいるのを見ると、なぜかホッとした。

そして、お揃いのフォトフレームに入っている2匹を見つめていたら、不覚にも目頭が潤んでくる。

2匹を一緒にしてあげられて良かったと、今更ながら強く感じた。いつもいつも仲良く、くっついていた2匹だったから。

 

ジンジャーやペッパーを「思い出」といってしまうのは早すぎるけど、自分の中では既に悲しみよりも寂しさの方が上回っている。

2匹のことを思うことは確実に減ってしまっているが、折々にジンジャーとペッパーに会いに行きたい。

関連コンテンツ

 - ジンジャー(ダックス), ペッパー(ウィペット)