犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

ヒーターのとりこ

   

ヒーターで丸くなるシンガプーラのフィグ

朝晩の気温が急に下がったので、フィグのヒーターを出してあげた。

本格的に寒くなればエアコンを24時間フル稼働させるが、まだそこまでではない。とりあえず猫のみの防寒対策だ。

ペット用のヒーターにフリースのカバーを付けてフィグのケージに置く。カバーは私が縫い合わせたもの。

フィグは早速フリースの中に潜り込んだ。

ヒーターに潜り込むシンガプーラのフィグ

ちゃかちゃか動きまわっていた猫がいなくなった。ヒーターの上でずっと丸くなっている。

目が覚めるとフリースの中でゴソゴソしているようだが、外にはなかなか出てこない。

あまりにもぐり続けているのでヒーターを裏返して弱モードにした。今からこの調子で冬本番は大丈夫なのだろうか。少し心配になる。

フィグが徘徊しないので部屋が静かになった。老犬2匹は平和な時間が増えて喜んでいるかもしれない。

ヒーターから出てこないシンガプーラのフィグ

フィグに話しかけても「ウワァ」とつれない返事をするだけで顔も見せない。

フィグが遊んでくれないので、フリースを無理やりめくって写真を撮った。

関連コンテンツ

 - フィグ(シンガプーラ)