犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

満3歳になったフィグの階段コレクション

   

階段から下を見下ろすシンガプーラのフィグ、満3歳

階段に鎮座するフィグ

8月20日はシンガプーラのフィグの3歳の誕生日。

人の年齢に換算すると28歳。人間だとそろそろ落ちついてくる時期かもしれないけど、犬を育てた経験からすると3歳なんてまだヤンチャの盛り。これから5~6歳位までが最も活動的な時期だろう。

これ以上ヤンチャされても正直こまるが、これからも元気でいて欲しい。

フィグのコレクション

ネコを飼うのはフィグが初めて。これまでの3年間で犬とは異なるネコの習性にびっくりしたり笑ったりしてきた。

ひとつ気づいたのは、ネコは細くて長い物が大好きだということ。

古新聞を縛るビニール紐なんかに異常に反応して邪魔くさくてしょうがない。

また、どこから見つけてくるのか知らないけど、様々な紐状のものを運んでくる。

会談のところどころに紐を散らかすシンガプーラのフィグ

フィグの階段コレクション

飼い主に自分が捕えた獲物を自慢するという話を聞いたことがあるが、フィグの奴は階段を自分のコレクション展示場と考えているらしく、そこらじゅうに紐をばらまいている。

上から下まで優に10個以上はある。

いまのところ彼のコレクションはそのままにして、人間が避けて歩いている。馬鹿みたいだ。

関連コンテンツ

 - フィグ(シンガプーラ)