犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

褥瘡

      2015/08/25

ウィペットのペッパー 褥瘡〈床ずれ〉

床ずれの痕

ペッパーのQOLが最近大きく低下したのは、GWに獣医に預けたことが原因の一つであり反省している。

かかりつけの獣医で何度も預けた場所。ペッパーも慣れた所だったので、安心していた。

旅行から帰り迎えに行くと予想外の事態となっていた。

ペッパーに褥瘡(床ずれ)が出来ていた。

狭いゲージの中で上手く身動きがとれなかったようで、変な姿勢のまま固まってしまったのだろう。

その数、軽いものも含めて5か所以上。

正直、驚いた。

そして悲しくなった。後悔した。

ウィペットのペッパー 褥瘡 右脚大腿部

最もひどかった部分

獣医はしっかり治療してくれていたが、一番ひどい右 大腿骨の床ずれは相当深く治るのに2週間かかった。

ペッパーの状態を過信して、今回も大丈夫だろうと預けてしまったことが原因。判断の甘さが悔やまれる。

これからは介護生活だ。覚悟となった出来ごと。

関連コンテンツ

 - ペッパー(ウィペット)