犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

犬猫二つ巴(侵略ネコと死んだふり犬の攻防)

   

ブラックアンドタンのダックスフント、ジンジャーの寝床にシンガプーラのフィグが侵入

ダックスフントのジンジャーはひたすら寝たふり
潜り込まれないよう脇を固める

16歳を過ぎたダックスフントのジンジャー。
まだまだ元気だけど足腰が相当弱ってきたので、ソファはもちろんちょっとした段差も越えられなくなってきた。

このため、あまり背が高くないマットなどを複数リビングに用意し、ジンジャーが好きなところで寝られるようにしている。

昨日の夜はジンジャーは最近お気に入りのマットを弟ペッパーが寝ているベッドの横に移動させ、その中で丸くなっていた。

そこへやってきたのが進撃のドブ猫、イントルーダーフィグ。ジンジャーが寝ている小さなマットに無理やり入り込んでくる。

フィグの狙いはずばりジンジャーから寝床を奪うこと。フィグ専用のベッドが2か所あるのに強欲なフィグはジンジャーのマットが気に入ったようでスリスリグリグリと侵入を図る。

一方のジンジャーはフィグが擦り寄ってきてもピクリともしない。完全無視の寝たふりで自分の陣地を死守する作戦のようだ。

上から見ると白黒の二つ巴のマークのよう。黒が太すぎるけど。

ダックスフントのベッドにもぐりこんでいるシンガプーラ

嫌がらせにも起きないジンジャー この後フィグは寝に入る
奥に見えるのはペッパー

フィグはしばらくその場にとどまりジンジャーに嫌がらせをしていたが、ジンジャーは無言で無視し続けた。頑として動ない。反応もしない。

フィグは諦めてその場で寝だした。仲がいいのか悪いのか全く分からないが巴の形のまま10分ぐらいは寝ていただろうか。この時点でもジンジャーは微動だにしない。

そのうち、やっぱり寝心地が悪いのか、フィグはぷぃっと出て行った。

今回の戦いはジンジャーの完全勝利だ。

関連コンテンツ

 - ジンジャー(ダックス), フィグ(シンガプーラ)