犬が西向きゃ尾は猫じゃらし

ダックス・ウィペットの老犬兄弟とシンガプーラ

*

実りの秋の黒い果実

   

やたらと暑かった夏があっさりと過ぎ去って、季節はもう秋。

夜もずいぶん過ごし易くなって、夏の間フル稼働だったエアコンも最近はスイッチオフ。ジンジャー、ペッパー、フィグもエアコンの風を気にすることなくのびのび寝ている。

秋といえば食欲の秋。なかでもブドウや梨、桃など旬のフルーツが美味しい。

私も生まれ変わるならオオコウモリになって毎日お気楽に果物を食べていたいと願うくらいに果物が大好き。

我が家のブラック&タン・フルーツ

そんな我が家に新種のフルーツが現れた。

ダックスフントのジンジャー、マンゴーの包装を被る

ちょっとライオンのようにも見える生臭フルーツ

一見、アボガドのようだが、ちょと細長い。

そして、まるで果物の王様ドリアンのごとく臭くてクセがある。噛めば噛むほど獣くさい。
かわいいのだけど、食べるのは無理かな。

ダックスフントのジンジャー果物のネットを被る

果物だけに動かない。非暴力・不服従主義

ジンジャーは服を着せるとあっという間に脱いでしまうが、こういった被り物はなぜかあまり気にならないみたい。

関連コンテンツ

 - ジンジャー(ダックス)