ギャラクシーフライトで沖縄

      2016/07/09

ANAギャラクシーフライト

仕事帰りに使える那覇行き深夜便

7月17日から夏休みに突入。

ANA999便、その名もギャラクシーフライトに乗って沖縄を目指します。

ギャラクシーフライトは全日空が夏限定で運航している深夜沖縄便です。

羽田を22:55に発ち、那覇着は翌日の1:30。復路は那覇を3:30、5:50に羽田着。上手く使えば、というより根性あれば職場から沖縄に直行し、沖縄から直接出社できる素晴らしい?ダイヤなんです。

もともと貨物便として運航していたようですが、昨年から旅客便化。好評だったのか、今年も飛ばすようなので早いうちに予約しておきました。

過去にはスカイマークも深夜便を設定していて仕事帰りによく利用していました。我が家のように目的地が離島の場合、午前中に那覇を出る船に乗れるので深夜便は非常に便利なんです。

一般の観光客でも休日の朝から動ける深夜便はそれなりに高いニーズがあるはずです。夏といわず秋の連休にも深夜便を設定して欲しいものです。

ギャラクシーフライトの記念撮影ANA

記念撮影セット

大人気の999

22時過ぎの羽田空港。閑散としています。もちろん出発便は999便だけ。南行ですが保安検査場はAのみ使用です。

出発ゲートに向かうと61番搭乗口のみ黒山の人だかり。3連休なので当然ですが、満席です。キャンセル待ちも結構いました。

また、ゲート周辺ではオリジナルのイメージバナーが掲示されていたり記念撮影コーナーがあったりと会社側でも盛りあげている様子。

機内では私は外れたので分かりませんが、多分、ビーチサンダルが当たる抽せん会やキャビンアテンダントがチェキで記念撮影してくれるなどのイベントも。

私もオリジナルステッカーを貰っちゃいました。

関連コンテンツ

 - 旅の記憶

Comment

  1. レオじじい より:

    休みが限られている現役で働いている方にとっては、深夜利用のフライトは有効的な方法ですね。
    これも深夜に空港施設へアクセスが容易な羽田だからできるでしょうが、深夜に公共交通機関がないと、大変でしょうから、地方空港では無理ですね。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい様

      電波状態の悪い離島での夏休み前半戦を終え那覇に戻りました。

      ギャラクシーフライトは便利ですので、夏に限らずより多く運航して欲しいです。

      羽田は24時間化したメリットをまだ十分生かしきれていないような気がします。
      空港アクセスの問題がありますが関空や名古屋などとのネットワークがあってもいいかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事