ストレス性旅行依存症の旅プラン

      2017/04/27

グラナダの教会に虹がかかっている

以前に行ったスペイン・グラナダでの1枚。虹が出ている

仕事はつらいけど旅をしようと思う

久しぶりにブログを更新。

ここしばらくはブログを書く気が起きなかった。4月からはクラッシャー上司の下で戦々恐々の日々。心の余裕がない。

今のところはそつなく立ち回り、上司と上手く付き合っているつもり。でも、たまにお互いの結界と結界がぶつかりあって軋む。目に見えないプレッシャーが結構なストレスになる。

智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟ったとき、詩が生れて、絵ができる。

夏目漱石:草枕

漱石は山道を登りながらこう考えたけど、詩も絵もできない自分は旅に出たくてしょうがない。いわゆるひとつの現実逃避だ。

旅の計画を練りストレス発散

そんなわけで、この4月は仕事をこなしながら旅のプランを練った。

上司は全く休まないタイプなので、自分が休暇を取れるか分からない。ただの妄想で終わる可能性もある。でも、旅の計画を考えるだけでもストレス解消にはなる。

GWはしまなみサイクリング

目前に迫ったゴールデンウィークは、しまなみ海道に行くことにした。

キャンピングカーにクロスバイクを載せて、流行りの「しまなみ海道サイクリング」に挑戦するつもり。

連休にプラスして有給休暇を消化するよう会社からの指導もあり、GWは堂々と休める。ここは妄想では終わらせない。絶対に行ってやる。

しまなみ海道はすでにキャンピングカーで走破したけど、ペダルを漕ぎ風を切って走るのは気持ちいいに違いない。

6月は鹿児島で花見登山

6月。休める可能性があるとしたら月前半。

下手をすると梅雨に入ってしまうこの時期。どこで何をしようか妄想を膨らませる。

思いついたのは、鹿児島の霧島山登山。たしかこの時期はツツジの仲間ミヤマキリシマの開花時期で、荒涼とした火山が一面ピンクの花で覆われるはず。

我ながらナイスアイデア。とっても魅力的に思えてきて、金・土・日の2泊3日で旅程を組んでしまった。

鹿児島行の飛行機も宿もキャンセル覚悟で予約しちまった。実際休めるか不安はあるけど、ミヤマキリシマの咲く韓国岳・高千穂峰に登ってこようと思う。

利尻空港へ続く直線道路からみた利尻山、利尻富士の画像

利尻空港へ続く道から望む利尻山

海の日連休は北海道

7月は海の日連休がある。
ここは上司を気にすることなく予定を組むことができる。

今年は特に貴重な3連休をどのように使うか悩んだが、結局、7月も登山。利尻山に登ることにした。

昨年、キャンピングカーで島を訪れ利尻富士の美しい姿を拝んでから、いつかその頂にチャレンジしたいと思っていた。

こんなに早く実現するとは思っていなかったけど、休みが少ない中ではただの観光地巡りより「やりたいことをやる」ことの方が重要な気がして、季節もいいし利尻登山に決めた。

早速、羽田-稚内の飛行機と利尻の宿を予約。本当は利尻空港を使いたかったのだけど、あまりに高いのであきらめた。

スポンサーリンク

勝負の夏休みは海外

夏休みは8月上旬に1週間とってやろうと思っている。

会社のイベントや上層部のスケジュール等々を研究し、最も影響が少なそうな週をピンポイントで選定した。

どうなるかは分からない。上司とバトルになるかもしれないが今は戦う気満々。脳内にはアイ・オブ・ザ・タイガーが流れている。

勢いで飛行機もブッキングした。

行先はスペイン・ポルトガル。

スペインのアンダルシアにあるマラガ空港から入って、ポルトガルの北にある第2の都市ポルトから帰ってくるオープンジョーのルートで夏の南欧を満喫してくる。

本当は貯めたマイルでビジネスクラスの特典旅行を予約するつもりだったが、夏のチケットは最早手遅れ。仕方なく最近よく使っているターキッシュエアラインのエコノミーペックスにする。残念…

航空券を購入したらもう逃げ道はない。背水の陣だ。エイドリアーン待ってろよ…

アルハンブラ宮殿の中庭

アルハンブラ宮殿と妻

年末年始も特典旅行で予約

今年度、クラッシャー上司の元で堂々と取得できる長期休暇はゴールデンウィークと年末年始しかない。

ちょっと早いけど、すでに特典旅行の予約は始まっているので年末年始も予定を組んでしまうことにした。

行先に選んだのは台北。まとまった休みが取れない中、寛いで正月を迎えるにはいい街だ。

往路はユナイテッドのマイルを使い、ANAとエアチャイナを乗り継いでビジネスクラスで行く。復路はデルタのマイルで大韓航空で帰ってくることにした。

つまらない話で恐縮ですが、気合入ってます

そんなこんなで仕事に追われながら旅を妄想していた1か月。妄想といいながらも、なんだかんだと全て予約を入れてしまった自分がいる。

これからはクラッシャー上司をなだめ、おだて、時に対立し、うまいこと休んでやる。

部下もいるので無理はできないけど、逆に自分が休暇をとらないと皆が休めない。組織はきちんと回しつつ、部下のワークライフバランスを実現させなければならない。

休暇を取ることが自分の中ではとても重要なミッション。いまどきおかしな話だけど。

関連コンテンツ

 - 旅の記憶, ライフログ, その他・たわごと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事