ネコが見つけた闖入者(トノサマバッタのカップル)

   

シンガプーラのフィグ

なにかがいる!

昨夜、帰宅してまだ間もない頃。

廊下で猫がポツンと一点を見つめている。

「フィグ!」と名前を呼んでも反応しない。首をちょこんと傾げて一心不乱に廊下の隅を凝視。

不思議に感じ様子を伺いに行ったら、猫の視線の先にはヨロヨロと動く見慣れない物体があった。

最初は弱ったネズミかと思いビビる。

トノサマバッタ(オス・メス)交尾

廊下にいたトノサマバッタ。大きいのがメス、上にいる小さいのがオス

よく見たら、バッタ。

それもオスをオンブしたトノサマバッタのカップルだった。

こんな住宅街にもトノサマバッタがいるなんて。少し感動。

トノサマバッタ。雄雌交尾

ちょっと元気がない

それにしてもなんで家の中にいるのか。どこから入ってきたのか。いつからいたのか、まったく分からない。

少し弱っているのか、逃げようともしないので捕まえてスマホで記念撮影。オスはまったくメスから離れようとしない。

撮った画像を見たら結構ホコリだらけ。もしかしたら長い時間、我が家に滞在していたのかもしれない。

無事に産卵できることを祈り、イネ科の雑草が生えていそうな空き地に放した。

関連コンテンツ

 - その他・たわごと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事