長い長いお別れ

   

老ウィペットのペッパーが旅立ちました。

昨晩23時27分に15歳と2か月の生涯を閉じました。

初めて会ったときから最期のときまで、彼はジェントルで思いやりのある最高の友でした。

これまで一緒にいてくれてありがとう。

いまは絶え間なく湧き上がる後悔の念に悶え苦しんでいるけど、懸命に頑張った彼を安らかに送り出してあげなくてはいけません。

さようなら、ペッパー。

関連コンテンツ

 - 犬&猫

Comment

  1. kei*kei より:

    ペッパー君、本当に頑張りましたね。
    こんなに頑張れたのもパパさんとママさんがしっかりした介護をしてくれたからですよね。

    心よりペッパー君のご冥福をお祈りいたします。

    • 気梨桂 より:

      kei*kei 様

      お気遣いいただきありがとうございます。

      おかげさまで、日曜日にペッパーを荼毘に付し、現在、遺骨は自宅に安置しています。
      今後はペッパーのことを偲びつつも気持ちの整理をしていきたいと思っています。

      しかし、いまは喪失感や後悔の念ばかり。ペッパーが弱っていく中、果たして十分な世話ができていたのか。妻も私も悔やんでばかりいます。

  2. レオじじい より:

    ペットと言え家族ですから悲しみも大きいでしょうね。
    ペッパー君は、長く愛され幸せだったのではないでしょうか。

    ご冥福をお祈りします。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい 様

      お悔やみをたまわり恐縮です。

      ウィペットとしては長生きの方だとは思いますが、ペッパーが幸せだったかどうか人間には知る由もなく「あの時こうしていれば」など悔いてばかりの毎日です。

      あまり落ち込んでいると他の2匹も可哀想なので気持ちを切り替えていかなくてはいけませんね。

  3. R-S より:

    初めてコメントさせて頂きます。
    ペッパー君、お疲れ様でした。いっぱいいっぱい頑張ったね。ゆっくり休んでね。
    飼い主様も長い長いお別れになり本当に辛い思いをされているかと思いますが、ペッパー君は最後まで一緒に過ごせて幸せだったと思います。

    ペッパー君のご冥福を心よりお祈りします。

    • 気梨桂 より:

      R-S 様

      温かいコメントをありがとうございます。

      まだまだ喪失感と忸怩たる思いにくよくよしている日々が続いていますが、せめてもの救いは最期の時に一緒にいてあげられたことです。

      ペッパーは本当に頑張ってくれました。一緒にいられたことに感謝しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事