今年のダイビングを総括

      2015/01/19

趣味とまではいえないまでも、我が家の大事な暇つぶしレジャーのダイビング。
今年のダイビングを一人勝手に振り返ってみます。

年末年始はタイのシミラン。e-diveのボートに乗りクルーズしてきました。
全般的に透明度が良くなく大物も余り出ませんでしたが、スタッフも同乗者も楽しい方ばかりで楽しめました。
水中で見たのは、バラクーダの群れ、ロウニンの群れ、キンセンフエダイの巨大な群れ、レオパードシャークなどなど
また、海況のいいときに再訪したいものです。

7月の海の日連休には沖縄は那覇、プレフリでダイビング。
1日目は台風で粟国へ遠征できずボートで真栄田岬に潜りました
2日目は何とかケラマまで行き「黒島北」や「自津留」でドリフト。

10月には5日間の日程で座間味村阿嘉島へ犬連れダイビング。
台風の影響はあったものの、晴れればまだまだ高い沖縄の10月の太陽の下
ケラマらしい水中景観を楽しんできました。
のんびりとアオウミガメと戯れたり、たくさんのハナダイに囲まれたりと
いつもの通りの癒しの海でした。

以上で今年のダイビング報告は終了。わずか3回しか行けませんでした。
例年にない体たらくな結果です。

4月の異動で休暇取得が流動的になってしまい計画が立てられなかったことや、高齢の犬どもと一緒にいることを優先したことなど、理由はたくさんあります。
しかし、もしかしたらダイビングへの情熱が少し冷めてきたのかもしれません。ここ数年、スキーから遠ざかっているように。

スキーに行かなくなった理由を自分なりに考えてみると、「面倒くさい」というのが原因だと思います。

スキーに行きたいとは思っており予定を組むものの、いざとなると準備やら何やらが面倒くさくなり計画が流れてしまう。まさに駄目人間です。
この「面倒くさい」をさらに突き詰めると思い当たるのが「加齢」ではないでしょうか。

「年齢が私から情熱を奪っている」そんなことを思う四十半ばの駄目人間。

ダイビングも正直言って、金はかかるし準備に手間がかかる面倒くさいレジャーです。

でも、ダイビングに行きたいという気持ちはとても強いです。
海に潜ることは、今でも好奇心をくすぐる非常に魅力的な行為であることは間違いありません。

問題は自分の行動力ですね。早く次の計画を練らなくては。

今度の年末年始もキャンピングカーで国内キャラバンにしてしまったことへのちょっとした逡巡でした。

関連コンテンツ

 - ダイビング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事