炉端かば 米子空港の山陰居酒屋

      2015/01/19

年末年始キャラバン
12月29日の夕食は米子の山陰海鮮居酒屋「炉端かば」でいただきました。

このお店、米子鬼太郎空港のターミナルビルにあります。

何故に米子空港かというと、うちの奥様が30日お仕事のため20:45発のANA便で羽田へ引き返すから。

「食べログ」で米子や境港のおいしい居酒屋を探したら、なんと空港に良い店発見。空港内なら出発ギリギリまで酒が飲め安心・便利ということで直行です。

鬼太郎空港のターミナルビルはコンパクト。それほど人が多いわけではありません。
でもお店の中は大賑わい。何かの打ち上げのグループなど、飛行機の利用者以上に地元客が多い様子です。

山陰海鮮居酒屋と銘打つだけあって地元のメニューが盛りだくさん。
刺盛にはじまり大山どり、砂丘ラッキョウにイカボウズ、お店おすすめの鳥取名産の長芋を練り物でくるんだ長芋のバター焼きや、なうなう赤天などもオーダー。
米子の地焼酎「のん気にくらしなさい」「なまけものになりなさい」や境港の「ゲゲゲの芋焼酎」を傾けながら、山陰の珍味を楽しみました。

最後に鳥取ホルモン焼きそばで締めて居酒屋好き的には普通に満足。

お腹いっぱい、ほろ酔い気分で妻は機上の人。せいぜい仕事頑張ってくださいませ。

ちなみにお店の箸袋を見たら、新宿や新橋など東京にもいくつか支店があるようです。

炉端かば 米子空港店居酒屋 / 米子空港駅(JR)中浜駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連コンテンツ

 - 食べ歩き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事