トイレの洗浄用ポンプを交換。でも水だけより拭く方がいいかも

      2017/05/10

カセットトイレ用のポンプ

台湾製キャラバン用水中ポンプTMC-04301

カセットトイレのポンプをキャンピングカーショーで安く購入し交換

うちのキャンピングカーのカセットトイレには使用後に水を流す機能がついていますが、壊れたまま放置してました。

水が流れなくなった際に分解しテスターを当ててみて原因はポンプだと特定。ただ、その時はわざわざ新しいポンプを購入するのが無駄な気がして、修理しませんでした。

セットフォードの交換ポンプを購入すると6千円以上しますが、あんなポンプにそれほどの価値があるように思えません。

新しくつけたポンプとセットフォード純正ポンプの比較

セットフォード純正ポンプとほぼ変わらなないサイズ

千円台でセットフォード純正とほぼ同型の水中ポンプが買えた

それ以来、使用後にはペットボトルの水を流すという原始的なやり方で処理していましたが特に不自由はなかったです。

このまま放置でも良かったのですが、2月のジャパンキャンピングカーショーでちょうど良さげなポンプを発見。

販売価格は2千円で、ショーの特別価格でさらにそこから2割引きになったような気がします。

千円台なら悪くない買い物。ひとつ購入し、遅ればせながらポンプを交換することにしました。

カセットトイレのポンプをホースと接続

コードとホースを接続したところ

スポンサーリンク

交換は簡単。切って繋ぐだけ

実際に交換作業を行ったのは、ゴールデンウィークの直前。

まずトイレのスイッチ部分の蓋、さらにゴムパッキンのついた内蓋のようなものを外します。

そうすると、水が貯まるタンクが出てきますので、そこにある配線コードとホースを引っ張って古いポンプを取り出します。水垢がヌメヌメして気持ち悪いのですが我慢しましょう。

古いポンプの電源コードはポンプと一体なので、適当なところでカット。新しいポンプとギボシ端子で接続しました。

水が流れるホースは、径がぴったり合いましたので、そのまま差し込めばOKでした。

後は組み直して作業は終了。スイッチを押すとしっかり水が流れ修理完了です。

ポンプとスイッチをギボシ端子で接続したところ

ギボシ端子で新ポンプと接続。ちなみに茶色がプラス

このポンプの気になるところ

安くポンプが手に入りラッキーでしたが、このポンプで一つ気になるのが配線コード。普通にPVCが被膜されているだけのようで、防水性が長期間維持できるのか少し不安です。

台湾製だしその辺は考えてはいるとは思いますが、ショートしたらいやですよね。

なお、コードの被膜が薄いこともあり、既存のゴムパッキンでは隙間が生じてしまいます。
この隙間から水気が上がってくるとスイッチを傷めかねないので、手元にあったバスコークでコーキングしておきました。

水の浸入を防ぐため、カセットトイレのポンプのコードをコーキング

バスコークでコーキング

ポンプによるトイレ洗浄の大きな欠点

ウィーーンという音とともに勢いよく水が流れいい感じですが、このポンプを使った洗浄には大きな欠点があります。

それは、調子にのって念入りに洗浄すると、あっという間にタンクがいっぱいになってしまうこと。

便器の淵沿いに水をぐるぐる回し流して洗浄するシステムですので、しっかり流そうとすると結構な水を使ってしまうのです。

洗浄のための水でタンクが満杯。肝心の時に使えない。恐ろしくておしっこチビっちゃいそう。

水を流しすぎないように注意

そこで、考えたのですが、ポンプによる水洗は最小限にしてトイレクイックルのようなトイレ清掃用シートで拭いた方が汚れも確実に取れていいのではないでしょうか。

たぶん毎回拭く必要はなく、気になった時だけで大丈夫だと思います。要は流す水を最小限にするために清掃用シートを補助で使う感じです。

もちろん、拭いた後のシートはトイレに流さず別に捨てましょう。

どうでしょう。ちょっと手間だけど長期キャラバンでは有効だと思います。旅先の公共トイレでダンプなんてことはしたくないですから。

相変わらずどうでもいい話ですみません。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 改造・快適化

Comment

  1. レオじじい より:

    2年ほど前に純正品を購入して交換しましたが・・・確かに安い汎用品で充分ですね。
    水を流さない件、確かに水を多く使うとタンクが一杯になるのが早いでしょうが、毎回用足し後に消臭効果のある洗浄剤を流すことで臭気対策にもなるのでは?

    • 気梨桂 より:

      レオじじい様

      そうですね。消臭剤を溶かした水をしっかり流すのも大切ですね。

      私の個人的な感覚では、ポンプを使うとついつい余計に水を流してしまうので記事のようなことを書きました。

      ちなみに、今、使っている消臭剤の「安寿」は、長期的な効果は見込めそうにないので、洗浄水に混ぜず、使用後に直接原液を追加投入しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事