マックレーで新型カムロードがデビュー!でもちょっと残念なマイナーチェンジ

      2016/12/28

マックレー新型カムロード「ホリディX」

新型カムロード「ホリディX」

マックレーで展示車完成、どこが変わったカムロード

キャンピングカーがらみのブログを書いておきながらアレですけど、正直、キャンカー業界のことは詳しくありません。私のアンテナの高さはカムロードのドアロック並み(意味不明)です。

ということで、我が家の相棒カムロードがマイナーチェンジしたというのもつい先日知りました。

ビルダーではすでに新型カムロードのモデルが出てきているようで、うちの相棒を造ってくれたマックレーでも、新型カムロードを使った「ホリディX」が完成したようです。

新型カムロードの前面

新型のフロントフェイス 出典:マックレー

主な変更は外装・内装の見た目中心

今回のカムロードのマイナーチェンジは、端的に言うと「見た目」の変更がほとんどのようです。外見ではフロントフェイスの意匠が変更され、黒いモールがなくなりすっきりしたほか、サイドミラーは2面タイプが標準になったようです。

内装はインパネ・ダッシュボードのデザインが大きく変更されています。

以前もシンプルを極めたデザインでしたが、今回もシンプルなのは変わりません。ただインパネやシフトレバーカバー、ステアリング回りの色がグレーから黒に変わり、より引き締まった印象を受けますね。ドアトリムなんかは前と同じグレーですが。

新型カムロードの内装

ダッシュボードと運転席回り 出典:マックレー

それと、全く使えない引き出し式のドリンクホルダーやいまどきいらない灰皿が廃止され、少しは使えそうなドリンクホルダーが付いたみたいで、このあたりは便利そうです。

内外装以外では、2WDでABSが標準化され、ブレーキも強化されたみたいです。

ほかにもライト関係など細かい変更があるようですが、「見た目」以外はこれといって目立たない本当にマイナーなマイナーチェンジのようですね。

新型カムロード

スイッチがたくさん

新型カムロードの内装、出典:マックレー

グローブボックス

スポンサーリンク

自動ブレーキ、Toyota Safety Senseは装備されなかった

ここで私はちょと言いたいことがあります。

Why Japanese people !   Why TOYOTA !!!

なんで今の時期のモデルチェンジなのに、自動ブレーキなど安全運転支援システム(Toyota Safety Sense)を搭載しないのか?

トヨタは2017年末までに全車にToyota Safety Senseを装備するはずではなかったのか…

私の記憶では、トヨタは近いうちに安全運転支援システムを全車に搭載すると大見得を切っていたはず。改めてニュースソースを探してみると・・・

以下がその記事。

トヨタ自動車は2014年11月26日、自動ブレーキを含む新しい安全運転支援システム「Toyota Safety Sense」を開発したと発表した。2015年に日米欧で導入を開始し、2017年末までにOEM(相手先ブランドによる生産)車や共同開発車を除く、すべての乗用車に搭載する計画である。

新たなシステムには、小型車向けの「Toyota Safety Sense C」と、中型車・高級車向けの「Toyota Safety Sense P」の2種類がある(図1)。Bセグメントまでの車両が対象になる前者のシステムは、レーザーレーダーと単眼カメラを一体化したセンサーユニットをフロントウインドーの室内側に取り付け、(1)衝突回避支援ブレーキ、(2)車線逸脱警告「LDA」、(3)自動ハイビーム「AHB」──という三つの機能を提供する。

出展:日本経済新聞

大変失礼いたしました。

私が誤解しておりました。それも2点も。

2017年までに導入されるのは、「OEM」を除く「乗用車」でした。

よく考えたら、カムロードは「羊の皮を被ったヤギ」ならぬ「トヨタに化けたHINO」でした。また、カムロードを乗用車と勘違いしてしまうのは一部のキャンカー乗りだけ。普通の人が見たらあれは乗用車じゃありえません。

でも、トラック業界においても安全運転支援システムの義務付けは始まっています。大型からスタートしていますので完全義務化はまだ先だとは思いますが、安全運転支援システムの取り付けは時代の流れ。街中を頻繁に走っているライトトラック、そしてカムロードにも早く導入して欲しいものです。

というか、そもそも「ヒノノ二トン」には装備されたようですよね。なぜカムロードは導入されなかったのでしょうか。

ちなみに、キャンピングカーのベース車両のもうひとつの雄、ハイエースにも未だToyota Safety Senseは採用されていません。ライバルのキャラバンは搭載済みにも関わらず残念ですね。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー

Comment

  1. レオじじい より:

    モデルチェンジもマイナーチェンジも我が家には縁の無い話ですが、年寄にはアクセルとブレーキの踏み間違いなどが無くなるような安全装置が追加で付くと良いですが。
    過去にモービルアイに付いて触れられていましたが、その後取り付けられたのでしょうか?

    • 気梨桂 より:

      レオじじい 様

      世の中的にはすでに自動運転がトピックだとは思いますが、高齢化などを踏まえた地域のモビリティ確保の上では、速やかに安全運転支援装置の普及を進めることが重要だと思います。

      モービルアイについては、説明が長文になるので面倒くさくてブログに書いていませんが、けっこう前に取り付けしました。
      モービルアイは自動ブレーキではなく、警報等で知らせてくれる補助装置ですが、それでもあるとないとでは雲泥の違いで安全性の向上に非常に寄与していると思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事