日本三大砂丘に亡き犬とともに

   

ダックスフントのジンジャー中田島砂丘にて

中田島砂丘で動こうとしないジンジャー

日曜日の午前10時過ぎ。
マックレーオフ会の会場を少し早めに失礼させてもらった。

実は今回、オフ会のついでに行きたいところがあった。

それは浜松市にある中田島砂丘。
知る人も少ないが鳥取砂丘・吹上浜(鹿児島県)とならぶ日本三大砂丘のひとつだ。天竜川の西側に延々と4km、砂の山が広がっている。

犬連れキャンピングカー乗りの我が家は既に日本三大砂丘すべてを制覇している。砂丘マニアではないけれどビーチを走り回るのが好きな犬が居たので全国を巡るうちに自然と三大砂丘を訪れていた。

そう。ビーチを走り回るのが好きな犬というのは、いまは亡きウィペットのペッパー。

キャンピングカーデイブレイクに亡くなったウイペットのペッパーの骨壺を設置する

キャンピングカー車内に安置したペッパーの遺骨

納骨までは一緒に旅をしようと遺骨をデイブレイク号に乗せて静岡まで連れてきた。元気なころ颯のごとく疾走した中田島砂丘を見せてあげたいのだ。

ちなみに、ペッパーの骨壺は生前ペッパーが走行中に座っていた場所に安置している。発泡スチロールの箱をくり抜きテーブルクロスをかけてプチ改造した。

彼岸に旅立った後もこの世で散々連れ回されて、本当のところペッパーは迷惑しているかもしれない。でも、もう少し飼い主に付き合って欲しい。いつの間にか遠い遠い思い出になってしまう前に。

中田島砂丘を走るウィペットのペッパー

中田島砂丘を疾走するペッパー

スポンサーリンク

砂丘のすぐ前の立派な公園にキャンピングカーを停め砂の山へわけ入る。16歳4か月になった老ダックスのジンジャーを抱いて歩いていく。

3大砂丘とはいえ中田島砂丘はいたって地味だ。鳥取砂丘ほどのインパクトはないし吹上浜ほどの秘境感もない。ただ砂山と砂浜が中途半端に広がっている。

しばらく歩きちょっとした砂山を越えると波打ち際に出る。水際の砂の上には丸いゴロタが広がり波をかぶるとゴウゴウと大きな音を立てていた。

中田島砂丘で走るウィペット、ダックスフント

私に向かってみなで駆ける。中田島でのひとコマ

水平線と砂の山を交互に眺めながら「あの辺りをペッパーが駆け上がっていった」と夫婦で思い出ばなしをする。

砂浜ではチワワやヨーキーが遊んでいたが、もはや我が家に走り回る犬はいない。ペッパーの幻を寂しい波の音が打ち消して砂丘見物は終わった。

砂浜に降ろしても動こうとしないジンジャーを抱き上げてキャンピングカーに帰る。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 犬&猫, 犬連れ旅

Comment

  1. レオじじい より:

    私もこの砂丘へココアを連れて行ったことが有ります。
    鳥取砂丘のような砂の山は無いですが、平坦で歩きやすくココアは喜んで遊びまわっていました。
    難点は駐車場が狭い事ですね。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい 様

      日本3大砂丘という言葉につられて期待していくとちょっとがっかりかもしれませんが、犬の散歩にはいい場所ですね。冬は風が強いことが多く砂が舞うのが少し不快ですが。

      駐車場は浜松まつり会館がある公園内に割と大きな無料駐車場があります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事