キャンピングカー至るところ○○あり

      2017/06/14

マックレー タオル掛け 改造・快適化 ダイネット

ダイネットのタオル掛け(左側)

フックやタオル掛けを取り付けて車内を整理整頓

うちのデイブレイクだけではないはず。多くのキャンピングカーオーナーが車内にたくさん付けているもの。

それは、フックやハンガー掛けの類い。

壁面を有効活用してフック等を取り付ければ、乱雑になりがちなキャビンの整理整頓が図れます。ゴミ袋や車のキーなんかも決まった位置にぶら下げるようにしておくと、あれこれ迷わずに便利ですね。

いろいろぶら下げて狭い車内を有効活用

また、キャラバンをしていると、ぶら下げたいものが色々と出てきます。
その代表例が濡れタオル。我が家は原則2人で旅行していますが、風呂に入るたび合わせて4本の濡れタオルが発生します。温泉好きの4人家族なんて場合は、いったい何本のタオルを干す必要があるのでしょうか。

そんなわけで、我がデイブレイクにも数多くのフックやハンガー掛け、タオル掛けを設置しています。

ここではその一部、主にタオルやハンガーを掛けるために設置したものをご紹介。

キャンピングカー 改造 快適化 タオル掛け 作成

ダイネット右側

ダイネットテーブルの上、吊り戸棚の下部のスペースのほぼ全面をタオル掛けにしています。

ステンレスパイプとゲンコツ止め(ステンパイプ止める金具)で作成。ちょっと掛けづらくなりますが、邪魔にならないようにゲンコツは背が低いものを使用しています。

キャンピングカー デイブレイク ハンガー掛け ベンチレーター

マックスファンのスペースを使いハンガーを掛けられるように

キャンピングカー 快適化 シンク横にステンレスパイプでタオル掛けを設置

シンク横のタオル掛け

ベンチレーター(マックスファン)の横にも同じようにタオル・ハンガー掛けを設置。こちらは走行中に使ってます。パイプにバンジーコード(ゴム紐)を巻いてありますが、ハンガーの滑り止め、暴れ防止を考えてのもの。効果のほどは?です。

シンクの横の小さなスペースにもタオルハンガーを設置。シンクを使用したあとの手拭きにもなりますので便利です。

キャンピングカー デイブレイク タオル掛け 改造 猫 シンガプーラ

雑然としてますがタオルがぶら下がった様子

タオル掛け、ハンガー掛けはキャンピングカー必需品。オーナーそれぞれ空きスペースを活用して工夫されていることと思います。

余談ですが、冬にFFヒーターを点けっぱなしにして寝ると車内は非常に乾燥します。濡れタオルは湿度維持にも有効です。

関連コンテンツ

 - 改造・快適化

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事