行ってきた!ジャパンキャンピングカーショー2016

      2016/03/06

幕張ジャンキャンピングカーショー2016i一堂に会したキャンピングカー

幕張ジャンキャンピングカーショー2016

久しぶりのキャンピングカーショーでアレを購入

久しぶりにキャンピングカーショ-に行ってきました。

思えば、我が愛車デイブレイク号の購入を検討している時に訪れて以来ですので7年ぶりぐらいでしょうか。

幕張メッセまでは高速を飛ばして我が家から1時間ほど。まず伺ったのは、当然、マックレーのブース。

マックレー軽キャンピングカーディアラ・ジュニア

ディアラ・ジュニア外観

マックレーは軽ベースのディアラ・ジュニア

今回マックレーは、マツダ・スクラムベース(どう見てもスズキですねスミマセン。キャリィ?)の軽キャンパー「ディアラ・ジュニア」を出品。今回は軽ベースのみだったせいもありますが、質実剛健というか地味というか、いい意味いつものマックレーといった感じのこじんまりとしたブースでした。

しかし、軽ブームのせいかブースは大盛況。渡辺社長や小川さんは接客に大わらわです。ディアラ・ジュニアの中も見させてもらいましたが、思ったより広々として使い勝手がよさそうな車内でマックレーらしいユーザービリティにこだわった工夫がいたるところに見られます。

マックレーのディアラ・ジュニアのキャビン、内装

ディアラ・ジュニアのキャビン
シンプルで使いやすそう

車内も外観も派手さ(パッと見の豪華さ)はないですが、実用レベルでいい車だと思います。

軽にしては立派なバンクベッドも備えたシェルですので、走りのほうが大丈夫か気になりますが、渡辺社長いわく、シェルの重さは1000kgちょっと(詳細な数字は失念)なので走りは軽快とのことでした。

スポンサーリンク

NTBのキャンピングカーSAKURA外観

SAKURA

新たなスタンダードか?NTBのSAKURA

マックレーブースを後に、ちょっと気になるクルマを散策。

実物を見たかったNTB(日本特殊ボディー)のSAKURAもじっくり見学。走りも安心感もカムロードより上を行くであろういすゞビーカム1.5tベースで、内装の仕上がりも高級感に溢れています。(フェイク?)レザーのシートに天窓がとってもオシャレ。私はリアキッチンモデルが使い勝手が良さそうだと思いました。話題のアイクールも搭載しています。

NTBキャンカーSAKURAの内部

SAKURAの内部

800万円超のけっして安くはないモデルですが、これまでのキャブコンの弱点を克服しようとする努力が見られとても魅力的なクルマであることには間違いありません。現に、SAKURAには契約御礼の札が何枚も貼ってありました。

地元、埼玉県の企業でもあり、今後の更なる発展を期待したいです。

ミスティック J-cabin MIniがおしゃれでカッコいい

そのほか、バンテックのベースでZIL520の完成度の高さや電動サイドウォーニングに感動し、外車のデカさ豪華さに驚きました。

しかし、今回のキャンピングカーショーで最も興味深かったのは、M.Y.Sミスティックのブース。

M.Y.Sミスティックの軽トラキャン J-cabin MIni

かわいい J-cabin MIni

ミスティックといえばトラックの荷台に脱着できるトラキャン(ピックアップキャビン)の老舗として有名ですが、今回展示されていた「J-cabin MIni」がとてつもなく気に入りました。

ウッディで遊び心ある車内はシンプルで必要最小限のスペースと装備しかありませんが、高さもあってのびのびと寛げそう。

ミスティックのトラキャンJ-cabin MIniのウッディな車内

J-cabin MIniのウッディな車内
バンクベッドは引き出し式

これでベース車も含め200万円台で買えるなんて、とってもお買い得。正直、サブカーとして欲しいと思いました。

トラキャンのメリットを生かし普段は軽トラとして使えばいいわけですから、コスパ最強です。見栄とかを気にしなければ、軽トラは史上最強のモビリティに間違いありません。ただ、長距離運転の快適性はよく分かりません。

BAT.MAN 無線サブバッテリーモニターの購入

さてさて、話が長くなりました。今回、久しぶりにキャンピングカーショーに行った目的は、当分買えそうもない新型キャンピングカーを見物するためではありません。

真の目的は、名古屋にあるサンテクノ(株)がこの度新発売する遠隔サブバッテリーモニター「BAT.MAN」を購入すること。

サンテクノ(株)は航空機の構造設計など航空宇宙産業などで活躍するハイテク企業にして、キャンピングカー乗りのレオじじいさんが率いてこられた会社。

そんなサンテクノ(株)が満を持してリリースしたしたのが、キャンピングカーのサブバッテリーの電流、電圧、消費電力をリアルタイムで表示してくれるBAT.MANなのです。しかも取り付け簡単、無線で表示。

サンテクノのバッテリーモニタBAT.MAN

買ってきましたBAT.MAN
コンパクトですがしっかりした造りです

私は、バッテリ情報をBluetoothで飛ばしandroid端末で確認できるタイプを購入。価格は発売記念特価で税込み25,000円でした。

決して安い金額ではありませんが、ご存知のとおり、電圧はともかく電流・電力を測定するのはちょっと手間がかかるもの。それをこれだけスマートに、取り付けの容易さも含めて実現したのは実に素晴らしい。

製品をパッと見ただけでも、アメリカ製や中国製とは全く異なる「モノ」としてのクオリティの高さを感じます。

実際の取り付けやレビューは今後になりますが、きっと期待は裏切らないでしょう。

いま現在はげしく酔っぱらっていて、まともな文章が書けません。推敲もできません。失礼あったらお詫び申し上げます。
では、おやすみなさい。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー

Comment

  1. レオじじい より:

    今回は大変有難うございました。
    さらに、記事に取り上げられ光栄です。
    展示会以降はRVランドさんで販売が決まり、雑誌関係の方からも記事の特集に採用したいと取材もあり、驚いています。
    本当に有難うございました。

    • 気梨桂 より:

      レオじじい様

      昨日はありがとうございました。
      いつ取り付けられるかわかりませんが、取り付けたらまた記事にしたいと思います。

      記事の特集というのはすごいですね。今後の展開に期待しております。

  2. […] 引用:行ってきた!ジャパンキャンピングカーショー2016  […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事