キャンピングカーで淹れたてコーヒー

   

ハリオV60円錐形ドリッパーを使いキャンピングカーデイブレイク車内でコーヒーを淹れる

車内で淹れるコーヒー HARIO V60

キャラバン中も本格ドリップコーヒー

最初はエスプレッソマシンが欲しかったけど

酒も好きですがコーヒーも大好き。好きというよりは、仕事中もオフタイムも毎日の生活に欠かせない嗜好品です。

当然、キャンピングカーでキャラバン中もおいしいコーヒーを飲みたくなります。

前車クレソンでは、家電売り場で購入したごく普通のコーヒーメーカーを車内に設置。コーヒーが飲みたくなったら、発電機やインバーターを使いドリップしていました。

デイブレイクに乗り換えた際には、もっと本格的なコーヒーメーカーの導入を検討。発電機が前車より簡単に使えるようになるのでデロンギのエスプレッソマシンとかネスレドルチェグストなんかを載せたいなぁと。

でも、結局購入しませんでした。購入直前までいったのですが、冷静に考えるとけっこうスペースをとって邪魔くさいし、コーヒー入れる度に発電機を回すのも面倒だし。ちなみに、我がデイブレイクには大容量インバーターは設置していません。

そして、なによりの理由は、コーヒーメーカーに代わるいい物を見つけたこと。

それは、ハリオ(HARIO)のV60、円錐形ドリッパーです。

スポンサーリンク

決め手は円錐形 HARIO V60

一見、普通のペーパーフィルターを使ったドリッパーに見えますが、よくあるフィルターは底が平らな扇型(舟型)をしているのに対し、V60のフィルターは尖った三角形、円錐形。また、コーヒーを抽出する穴も横に並んだ小さな3つ穴ではなく、円錐の先に大きな穴がひとつ開いています。

原理はよく分かりませんが、円錐形と大きな穴、その他様々な工夫により紙フィルターでありながら本格ネルドリップの味にするそうです。

実際、このドリッパーで淹れると、同じ豆でもより香り高くしっかりした苦味のあるコーヒーに仕上がるから不思議。

もともと、このHARIOのV60、日本よりも海外で人気のようです。シアトルあたりで発祥したスペシャリティコーヒーブームで火がついて日本に逆輸入されてきたとのこと。ググるとV60の情報がたくさんありますので興味ある方は調べてみてください。

画像のようにセラミック製でカラフルなものや銅製の高級なものもあります。
我が家のように透明の樹脂製のものであれば数百円で購入可能です。

車内でドリップ 我が家の使い方

さて、キャンピングカーでの我が家のコーヒーの淹れ方です。

1~6杯用の大きめのV60ドリッパーと容量1リットル程度のコーヒー専用広口ポットを用意します。そしてポットに直接、数杯分のコーヒーをドリップしています。
ポットに入れおけば1時間ぐらいなら酸化することなく美味しくコーヒーを楽しめますのでおすすめです。

ドリッパー自体はプラ製で軽くがさばりませんので収納が限られるキャンピングーにぴったり。コーヒーを飲みたくなったらカセットコンロでお湯を沸かせばすぐに淹れられ発電機を回す必要もありません。

V60用の専用フィルターは近所のホームセンター(おなじみジョイ本)にも置いてあり、それなりの店であれば購入可能なはず。ただ、旅先では見つけられない可能性もあるので多めにストックしています。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, ライフログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事