渋い自作トレーラーと欲しくてたまらないT-22

   

道の駅阿武町で遭遇した自作トレーラーの画像

道の駅阿武町で遭遇した自作トレーラー

渋い自作トレーラーに山口県で遭遇

ゴールデンウィーク山口キャラバンでのひとコマ。

途中1泊した「道の駅阿武町」でとても印象的なクルマが我がデイブレイク号のすぐ後ろで車中泊していました。

それが、上の画像。手作り感満載のトレーラーです。

普通車の駐車枠3台分にジャックナイフでうまく収まる絶妙なサイズ。ただ合板を貼り付けただけにも見えるウッディなそのボディ。
折れ曲がり汚れてほとんど読み取れない黄色い富士山ナンバーと相まって、どこかアバンギャルドな匂いがする自作トレーラーです。

ヘッドの屋根の上には型枠の様なものが載っていて、業務用途なのかレジャー用途なのか不明ですが、車中泊していたのは確かです。トレーラーの屋根にはソーラーも搭載されていました。

ニュージーランドでも手作りキャンピングカーをよく見かけましたが、私も自作に強く憧れています。キャンカー趣味の終着点でしょうね。オリジナル・キャンパーづくりは。

スポンサーリンク

BLAST-CARGO T-22が欲しい

ところで、この味のあるトレーラーを見て前から欲しかった物のことを思い出しました。

それは、このトレーラー。

BRAST TRAILのカーゴトレーラーT-22の画像

出典:BRAST TRAIL

BLAST TRAIL が発売しているカーゴトレーラー、T-22。

全長 2530mm 全幅 1430mm 最大積載量 200kg 価格は202,000円です。

カッコ良くて安い

これがあれば、様々な荷物をたくさん載せられてすごーく便利。サイズも絶妙でこの長さなら運転も容易そうです。
車体重量も140kgしかありませんから、カムロードでもなんなく牽引できるでしょう。

また、20万円という価格も魅力的。我が家にとって20万円は大きな出費ですが、これだけのものが20万円で買えるなら良い買い物ではないでしょうか。ちょっと無理すれば買えてしまうこの価格設定に正直、悶絶しています。

そしてなにより、ミリタリーチックな外見に私のようなクソガキはとっても惹かれてしまうのです。

カーゴトレーラーT-22

出典:BRAST TRAIL

リアキャリアより便利で安全

カムロードベースのキャブコンにヒッチを取付け、カーゴキャリアをつけている例を良く見かけますが、あれはリアタイヤの負荷が大きくなりすぎてちょっと心配。

それよりは、このカーゴトレーラーを導入したほうが、安全だし滅茶苦茶カッコイイと思うのですがいかがでしょう。

これを牽いてキャンプにいったら便利で目立って楽しそうです。

我が家は購入見送り

なお、我が家の場合、「買ったろか」と本気で考えましたが、置き場所がないこともあり現在は購入を見送っています。

私がこんな物を買うと、デイブレイク号をオリーブドラブで全塗装するなど変なビョーキが発症しかねません。当面、我慢することにします。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー

Comment

  1. N&N より:

    気梨 桂さま

    カーゴトレーラーのブログ
    主人が興味しんしんと見ていましたよ~
    自分も欲しいと言っていました!
    でも、自動車税に初めての車検があり
    Wの支払が発生するのにどこから資金を出すの?です
    我が家も6月初めに車検が・・・待っています
    前倒しすると今月?+任意保険代も
    あ~ お金が欲しい時期です。

    • 気梨桂 より:

      N&N 様

      カーゴトレーラー、なかなか良さそうですね。

      私も欲しいのですが、置き場所がなく、下手すると駐車場代が必要になりそうで、妻に許してもらえなさそうです。

      2年に1度の車検はなんだかんだいって大きな負担で大変ですね。
      うちも先日、2台分の自動車税の通知が来ました。数年前に8ナンバーの自動車税が大幅に上がってしまい我が家も厳しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事