ミシュランAGILISのインプレッションとキャンピングカーへの装着

      2016/06/23

カムロード・キャンピングカーデイブレイク号にアジリスミシュランAGILIS導入

白い鉄ホイールとAGILIS

ミシュラン・アジリスをカムロードに装着してみて

4月中旬にキャンピングカーのタイヤをミシュランのAGILIS 215/70R15 109/107に交換しました。

昨日には週末のキャラバン出発に向け空気圧をチェックしてきましたが、ゴールデンウィークに1,000kmほど走った経験も含め、ごく簡単にレポートしてみます。ド素人の主観的な感想ですので、全くあてになりませんが、ご参考までに。

乗り心地

まず、もっとも気になる乗り心地です。
初めて運転した時は、それまで使っていたタイヤ215/65R15(W969)との違いを強烈に感じました。

端的に表現すれば、「ゴツゴツ感がなく、しなやか」といったところでしょうか。
路面からの突き上げは大幅に減り、ちょっと感動した記憶があります。

安定感

高速走行などは安定しています。違和感を感じることはありません。
扁平と空気圧が変わり、もっとフワフワした感じがするかなと思いましたが、そんなことはありませんでした。

高速での大型車による追い抜きでも安定しています。ただ、前のタイヤと比べそれほど差があるわけではありません。

スポンサーリンク

ノイズ

前のタイヤはスタッドレスですので、当然、前より静かに感じます。
乗用車用の高級タイヤには劣るでしょうが、窓を開けての走行でも不快に感じるような騒音はありません。

制動距離

変化は感じません。相変わらず止まりませんが、これは車重とブレーキの問題ですね。
ウエット路面でフルブレーキングすれば差が出るかもしれませんが、そんな場面に遭遇していませんので、前のタイヤとの差は不明です。

空気圧?

たまたまかもしれませんが、R202やW969と比べて、空気圧の減りが早いような気がします。
1か月で4.5kPaから4.3~4.2kPaに4輪とも減っていました。特に異常な数値ではないと思いますが、空気圧チェックは注意して行いたいと思います。

雑感(インプレまとめ)

上記、乗り心地などのインプレッションは、交換したての時の率直な感想です。

現在はその時の感動はありません。今、キャンピングカーに乗ると相変わらずのカムロードの乗り味を感じてしまいます。つまり、タイヤをアジリスに変えたことで問題がすべて解決したわけではありません。

でも、突き上げが減って乗り心地が良くなったのは間違いなく、個人的には満足しています。

過度な期待を寄せると裏切られるかもしれませんが、現状選べるカムロード用タイヤとしては良い選択なのではないでしょうか。

キャンピングカーに推奨しない?

ミシュランAgilisを勧めておいてなんですが、ちょっと驚きの情報があります。

ミシュランのサイトで、以下の注意書きを見つけました。

「本製品は貨物(バン・ライトトラック)用タイヤです。キャンピングカーへの装着は推奨しておりません。」

不勉強なことに、私はアジリスを購入してからこの記載に気づきました。

なぜ、推奨しないのか

なんでライトトラックには使えてキャンピングカーに使えないのか、私には分かりません。
過去にトラブったとか、なにか大人の事情でもあるのでしょうか。でも、今さらキャンピングカーに推奨しませんと言われても個人的には困ります。

キャンピングカーにもいろいろありますが、我が家のデイブレイク号は、誰がどうみてもトラック。ライトトラックと言うには重すぎかもしれないけど、ロードインデックスもクリアしてるのだから、問題ないはずです。

推奨はされませんが、私は使い続けます。

AGILIS CAMPING 出典:Michelin U.K.

AGILIS CAMPING 出典:Michelin U.K.

海外にはAgilsi Campingがある

ちなみに、Agilisには、CAMPINGというタイプがあります。アジリス購入前にいろいろ調べていたときにミシュラン・イギリスのサイトで発見しました。

日本でAgilis Campingが手に入らないか調べたのですが、入手できそうにありません。あきらめて普通のAgilisを日本のショップから購入した次第です。

日本でもCAMPINGを販売してくれ

このCampingというタイヤ、ロードインデックス等の仕様は同じですが、画像を見る限りトレッドパターンがAgilisと違います。

Agilisをキャンピングカーに推奨しないなら、日本のミシュランも早くAgilis campingを日本で販売してくれればいいのに。

買ってしまってから推奨されていないと知り、ちょっとブルーです。

関連コンテンツ

 - キャンピングカー, 改造・快適化

Comment

  1. ELFじ~さん より:

     え~・・・
     メーカーがAgilis はキャンピングカーには推奨しませんと言っているわけですね。大変残念です。自分としては12月ごろタイヤを入れ替える予定にしています。先日の気梨さんの記事を見て、次はAgilisを第一候補にしようと思ってブックマークしていたところだったのです。自分のクルマのベースはBe-camなので後輪ダブル、タイヤを入れ替えるとなると7本買わなければならないので安くないと大変です。
     シリーズ名とロードインデックスが同じでトレッドパターンが違うということから素人解釈すると、同じ構造のタイヤなんだけどロードノイズがうるさいのでキャンピングカーには推奨できませんということかなあ。
     

    • 気梨桂 より:

      ELFじ~さん 様

      はじめまして、コメントありがとうございます

      なぜキャンピングカーに推奨しないのかよく分かりませんが、勝手な推測では、ヨーロッパでキャンピング仕様を販売している手前、アジリスはバン・トラック専用と言わざるを得ないだけのような気がします。

      キャンピングは、仰るようにモーターホーム専用と称してトレッドをいじり、ほんのちょっとロードノイズや乗り味を変えているのだろうと推測します。

      少なくとも、安全面で支障があるようなことであれば、あんな普通気が付かないような注意書きはしないと思いますので、私は今後もカムロードで使い続けるつもりです。

  2. スリーダックス より:

    こんにちは、記事をたくさん参考にさせて頂いております。
    アジリスの件ですが、ミシュランサイトに記載が有りました。http://www.michelin.co.uk/tyres/car-tyres#type=type_3&width=215&ratio=70&radial=15&load=109&speed=q&selectedFitment=complete&selectedFilter=summer&zp=false&usage=2

    「2つのケーシングプライを使用する強化構造は、より高い膨張圧力を使用して、重い負荷(タイヤの定格まで)に耐えることができます。
    保護されたサイドウォール:8つのケービングプロテクターが各サイドウォールに配置され、サイドウォールスカッフィングに対する耐性が向上しました。」
    と記載されております。燃費向上のための対策がしてあるようです。カタログでは、燃費性能がCからE(記号が進ほど燃費がいい)となっている以外騒音レベル70dB・雨天時B評価で変わりませんでした。
    それ以外でキャンピングカーに使用してはだめだとゆう事ではないようですね。
    もう少し探してみますが、確かに日本では、販売がされていないようなので、現状アジリスキャンパーの選択無しの方向にて僕も取り付けを考えております。
    色々情報をありがとうございます。

    • 気梨桂 より:

      スリーダックス 様

      情報をありがとうございます。

      私も、アジリスはキャンピングカーに使えないということはないと思っています。

      日本とヨーロッパではキャンピングカーの特性も違いますし、市場規模も違うのでアジリスキャンパーを発売するつもりはないのでしょうね。

      これに対し、ヨーロッパでは「キャンピングカーにはアジリス・キャンパーを使え」と言ってる手前、普通のアジリスはキャンピングカー使用に向かないかのようなメッセージを日本市場では流しているだけなのではと、勝手に想像しています。

      現に我が家のアジリスも1年以上使っていますが全く問題なさそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事